デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>苦味が少ないコーヒーの選び方、甘くておいしいコーヒーの作り方をご紹介します

苦味が少ないコーヒーの選び方、甘くておいしいコーヒーの作り方をご紹介します

アマイコーヒー

コーヒー好きな皆さん、こんにちは。
コーヒーの香りは心躍らせるもの。でも苦いからそのままじゃ飲めない、という方も多いのではないでしょうか?
そんなあなたに、苦くないコーヒーを、豆の選び方、淹れ方、楽しみ方、といったところからご紹介します。

ぜひ、自分好みの苦くないコーヒーを見つけて、毎日のコーヒータイムをより豊かなものにしてくださいね。
ぜひ最後までご覧になってください!

苦くないコーヒー豆の選び方

一口に苦味といっても、そうなる要因というのはいくつもあります。
そこでまずは、コーヒー豆から選ぶ、というところから始めてみたいと思います。

苦くないコーヒー豆をどうやって選んでいくと良いでしょうか。
ここでは、産地、焙煎具合、古くない豆、というように選ぶことでお話を進めていきます。デカフェ豆という選択肢も面白いです。

面倒と思わず、お好みの豆を見つける事もコーヒーを楽しむ一部だと思っていただけると嬉しいです。

ぜひ、自分好みの苦くないコーヒー豆を見つけて、毎日のコーヒータイムをより豊かなものにしてくださいね。

産地で探す

コーヒーを産地で探す

それでは、苦味が少ないコーヒー豆を選ぶ上で「産地」について詳しく見ていきましょう。

コーヒー豆の産地は、その味わいに大きく影響します。
例えば、中南米産のコーヒー豆は、バランスの良い酸味と甘味、そして何より苦味が少ないのが特徴です。
コロンビアやブラジル産の豆は、特に初心者の方にも飲みやすく、まろやかな味わいが楽しめます。

また、東南アジア産のコーヒー豆もおすすめです。
インドネシアやベトナム産の豆は、深いコクと少なめの苦味が魅力。
エスプレッソ用としても人気がありますが、普段使いのドリップコーヒーにも適しています。

産地選びのポイントは、苦味の強さだけでなく、どのような香りや風味が好みかを考えること。
例えば、フルーティーな香りが好きなら、アフリカ産の豆も選択肢に入れてみてください。
エチオピアやケニア産の豆は、独特のフルーティーな香りと爽やかな酸味が特徴で、苦味が少なめです。

コーヒー豆の産地によって、その特徴は様々です。
自分好みの産地を見つけることで、より一層コーヒータイムを楽しむことができますよ。
次の焙煎具合についても、ぜひ注目してみてくださいね。

焙煎具合で探す

コーヒー焙煎具合

苦味が少ないコーヒー豆を選ぶ際には、「焙煎具合」も重要なポイントです。
コーヒー豆の焙煎度合いは、豆の色や香り、味わいに直結します。
一般的に、焙煎が深いほど豆の苦味が強くなります。
ですから、苦味が苦手な方は、ライトローストやミディアムローストの豆を選ぶのがおすすめです。

ライトローストの豆は、色が浅く、酸味が際立ちます。
この酸味は苦味を感じさせにくく、コーヒー本来のフレッシュな風味を楽しむことができます。
一方、ミディアムローストは、バランスの取れた味わいが特徴。
酸味と苦味の良いバランスで、コーヒーの豊かなアロマを感じられます。

焙煎具合を確認する際には、豆の色やパッケージに記載されている情報を参考にしてください。
また、自分の好みの焙煎度合いを見つけるためには、いくつか異なるローストの豆を試してみるのも良いでしょう。
実際に飲んでみることで、自分に合った焙煎具合を見つけることができます。

次に、「古いコーヒー豆を避ける」方法について詳しくお話ししましょう。
品質の良い新鮮なコーヒー豆を選ぶことで、より美味しく、苦味が少ないコーヒーを楽しむことができます。

古いコーヒー豆を避ける

古いコーヒー豆を避ける

コーヒー豆の鮮度は、味わいに大きな影響を与えます。
特に苦味が苦手な方にとっては、古い豆を避けることが重要です。
時間が経過すると、コーヒー豆は酸化し、苦味が強くなる傾向にあります。苦味というよりはえぐみ、といった方が適切かもしれませんが。
逆に新鮮な豆は、その豊かなアロマとバランスの取れた味わいが特徴です。

新鮮な豆を見分けるコツはいくつかあります。
まず、購入時にはパッケージに記載されている「焙煎日」や「賞味期限」を確認しましょう。
焙煎されてから時間が経過していない豆ほど、鮮度が高く、理想的です。
また、密封されたパッケージで保存されている豆を選ぶのも良い方法です。
空気に触れることで酸化が進むため、密閉されていることが鮮度を保つポイントになります。

アロマブレスパックという、一方通行の空気の通り孔を付けたパッケージを使われている製品も良いでしょう。
焙煎したコーヒー豆には二酸化炭素が含まれています。時間が経つにつれてコーヒー豆の外に出ていきますが、これがコーヒーの袋が膨らむ理由です。
この性質を利用して袋中の酸素も一緒に外に出して、外からは酸素を取り込まないようにする、そういった便利な袋です。

さらに、購入後の保存方法も大切です。
自宅でコーヒー豆を保存する際は、直射日光や高温多湿を避け、密閉容器に入れて冷暗所で保管することをお勧めします。
このようにして、豆の鮮度を保つことができます。

ここまではコーヒー豆一般についてお話してみました。
続けて「デカフェ豆」という観点から、苦味の少ないコーヒー豆選びを深掘りしていきましょう。
併せて、デカフェ豆の魅力についてもご紹介していきます。

デカフェ豆を探す

デカフェ豆と普通のコーヒー豆

苦味が苦手な方に特におすすめなのが、デカフェ豆です。
デカフェ(カフェインレス)コーヒーは、コーヒー豆からカフェインが除去されているため、通常のコーヒーに比べて苦味が少なめなのが特徴です。
上の写真だと左側がデカフェ処理(カフェインを抜く処理)をされた、焙煎前の生のコーヒー豆です。右側はデカフェ処理を行う前の生のコーヒー豆です。
デカフェ処理された豆が茶色いのは、カフェインを抜く時に圧力をかけたり水に浸すといった事を行った結果ですが、これ自身が何か問題を引き起こす事はありませんのでご安心下さい。
このように、デカフェコーヒーというのは、コーヒーの生豆を何かしらの方法を使ってデカフェ処理(カフェインを抜く処理)し、そのデカフェコーヒー豆を焙煎し挽いて淹れたコーヒーを言います。

カフェインは苦い

カフェインは苦味の成分の一つなのですが、このカフェインが除去されることで苦味が減る、というがイメージ出来るかと思います。
また、カフェインは興奮作用もありますから、カフェインに敏感な方や夜間にコーヒーを楽しみたい方にも最適です。

カフェインの除去方法に注目

デカフェ豆を選ぶ際には、カフェイン除去の方法にも注目しましょう。
水や二酸化炭素を使用した安全な方法でカフェインを抽出している豆が理想的です。
これらの方法は、コーヒー本来の風味を保ちつつカフェインだけを取り除くため、風味豊かで苦味の少ないコーヒーを楽しむことができます。

デカフェ豆の焙煎度合

また、デカフェ豆は、通常のコーヒー豆と同様に様々な焙煎度合いがあります。
苦味が少ないライトローストやミディアムローストのデカフェ豆を選ぶことで、さらにマイルドな味わいを楽しむことが可能です。
ただ、デカフェ豆は通常のコーヒー豆より苦味が薄いため、もう1段階焙煎したものが一般的です。
ミディアムローストからフルシティローストあたりであってもそれほど苦みを感じず美味しくいただけると思います。

デカフェコーヒーは味が薄い、という誤解

デカフェコーヒーに対する誤解として、「味が薄い」というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、良質なデカフェ豆を選べば、豊かな香りと満足のいく味わいを堪能できます。
良質なデカフェ豆を選ぶ一つの目安は、カフェイン除去率が高いものです。
99.9%以上除去した高品質のデカフェ豆がベストです。
このクラスのデカフェ豆になると、求められる品質が違います。
カフェイン除去率が高いのはもちろんのこと、カフェイン以外の成分をしっかり残してコーヒー本来の美味しさを残す、といった高い品質を求められていますから、まず間違いがありません。
逆にカフェイン除去率が分からないものは選ばない方が良いでしょう。

健康を気にしながらも、コーヒーの楽しみを妥協したくない方に、デカフェ豆は最適な選択肢と言えるでしょう。

続きまして、「苦くないコーヒーの淹れ方」についてご紹介します。
自宅で簡単にできるコーヒーの淹れ方をマスターして、毎日のコーヒータイムをより一層楽しみましょう。

苦くないコーヒーの淹れ方

苦くないコーヒーの淹れ方

さて、苦味が少なく、まろやかなコーヒーを自宅で楽しむためには、コーヒーの淹れ方も重要です。
苦味を抑えつつ、コーヒー本来の風味を最大限に引き出すためのテクニックをご紹介します。
これから紹介する方法を取り入れれば、毎日のコーヒータイムがさらに特別なものになるでしょう。

コーヒーの淹れ方には様々な方法がありますが、ここでは特に苦味を抑えるためのポイントを中心にお話しします。
豆の挽き方からお湯の温度、抽出時間に至るまで、ちょっとした工夫でコーヒーの味わいは大きく変わります。
これらのポイントを押さえることで、苦味が少ないだけでなく、コーヒー本来の甘みや香りをより感じられるようになります。

粗挽き~中挽きにする

粗挽き~中挽きにする

コーヒーの淹れ方において、豆の挽き方は非常に重要な役割を果たします。
特に苦味が苦手な方には、粗挽きから中挽きの豆を使用することをおすすめします。
挽き方が粗いほど、コーヒーから抽出される成分が少なくなり、その結果、苦味が控えめになるのです。

粗挽きの豆は、水との接触面積が小さく、抽出時間が短くて済みます。
これにより、コーヒーの苦味成分であるカフェインやタンニンの抽出が抑えられます。
一方で、中挽きは粗挽きよりも少し細かいため、バランスの良い味わいが得られます。
どちらを選ぶかは、お好みと使用するコーヒーメーカーにより異なりますが、一般的にはドリップコーヒーには中挽きが適しています。

豆から挽く場合はコーヒーミルを用意しましょう

家庭でのコーヒー豆の挽き方には、手動と電動のコーヒーミルを使用する方法があります。

電動ミルは機能に応じ値段もピンキリですのでお好みのものをお選びいただくと良いでしょう。
ここでは挽き具合が調整できるものをお選びください。

手動ミルは手で回しながら挽いていきますから正直疲れますが、自分好みの挽き具合に調整することができます。
また、電動に比べゆっくり挽きますから熱が発生せずコーヒーの香りを不用意に飛ばす、という事を避ける事ができます。
挽いている時の音も電動に比べると静かです。
コーヒーを淹れる行為そのものを楽しみにされている方には面白いアイテムだと思いますよ。

レギュラーコーヒーの選び方

また、レギュラーコーヒー(既にコーヒー豆を挽き終えている市販のコーヒー粉)を購入する際には、粗挽きや中挽きのものを選ぶと良いでしょう。

挽き加減を変えるだけで、コーヒーの苦味を軽減し、より飲みやすい味わいを楽しむことができます。

もう1つ、デカフェ豆の場合ですが。
焙煎具合同様、デカフェ処理によって既に苦味が減った豆を使いますから、挽き具合も、中挽き~細挽きまで1ランク細かくしても大丈夫だと思います。

次に、「お湯の温度を下げる」というポイントについて詳しくご紹介します。
温度による味の違いを実感していただけると思います。

お湯の温度を下げる

お湯の温度を下げる

コーヒーの苦味を抑えるための次のポイントは、「お湯の温度」です。
通常、コーヒーを淹れる際には約85〜90度のお湯を使用しますが、苦味を減らしたい場合は、少し温度を下げてみるのが効果的です。

苦みを抑えるのに理想的な温度は約80〜85度です。
この温度帯では、コーヒー豆の苦味成分が抽出されにくくなります。

お好みでもう少し下げても大丈夫です。
温度が低いほど、コーヒー本来の甘みや酸味、香りが引き立つため、より豊かな味わいを楽しむことができます。

ただし、下げすぎるとコーヒー抽出に時間がかかりますのでほどほどに。
水出しコーヒーというものもありますが、それはまた別の機会に(気になる方はリンク先をご覧ください)

お湯の温度を調整する方法は簡単です。
沸騰させたお湯を一度カップに注ぎ、少し冷ましてからコーヒーを淹れると、適切な温度になります。
また、温度計を使用することで、より正確に温度を管理することも可能です。

温度の違いだけで、コーヒーの味わいには大きな変化が生まれます。
少し温度を下げることで、苦味が減り、まろやかなコーヒーを楽しむことができるでしょう。

次に、「苦くないコーヒーの飲み方」についてお話しします。
ミルクやお砂糖などを加えるなど、さまざまな方法でコーヒーをアレンジする楽しみをご紹介しますね。

苦くないコーヒーの飲み方

苦味の少ないコーヒーをもっと楽しむために、いくつかの工夫をご紹介します。
コーヒーはその淹れ方だけでなく、飲み方によっても大きく味わいが変わります。
特に苦味が苦手な方にとって、コーヒーの飲み方を少し変えるだけで、毎日のコーヒータイムがより快適で楽しいものになるでしょう。

ここでは、コーヒーに加えるものや、コーヒーと一緒に楽しむスイーツ、さらにはフレーバーコーヒーの魅力についてお話しします。
これらの方法を取り入れることで、コーヒーの苦味を抑えつつ、コーヒー本来の豊かな香りや味わいをさらに引き出すことができます。
それでは、苦味を抑えた楽しいコーヒータイムのためのポイントを、一つずつ見ていきましょう。

ミルクや砂糖、ハチミツを加える

ミルクや砂糖、ハチミツを加える

コーヒーの苦味を和らげ、さらに風味豊かにするためには、ミルクや砂糖、ハチミツの使用が効果的です。
これらを加えることで、コーヒーの味わいが柔らかくなり、苦味が気にならなくなります。

まず、ミルクを加えることは、コーヒーの苦味を緩和する最も一般的な方法です。
ミルクのクリーミーな味わいがコーヒーの苦味を和らげ、豊かな口当たりをもたらします。
カフェオレやラテのように、多めのミルクで割るのも良いでしょう。
また、低脂肪ミルクや豆乳を使用すると、ヘルシーながらも満足感のあるコーヒータイムを楽しめます。

砂糖やハチミツを加えることも、コーヒーの苦味を和らげるのに効果的です。
砂糖は、コーヒーの苦味と酸味を抑え、優しい甘さを加えます。
ハチミツは、自然な甘みと香りがプラスされ、コーヒーにまろやかな風味を与えます。
お好みで量を調整し、自分だけの特別な一杯を作り上げてみてください。

これらの方法を試すことで、コーヒーの苦味が気にならない、自分好みの味わいを楽しむことができます。

甘いスイーツと一緒に飲む

甘いスイーツと一緒に飲む

コーヒーの苦味を楽しむもう一つの方法は、甘いスイーツと一緒に飲むことです。
コーヒーとデザートの組み合わせは、お互いの味を引き立て合う素晴らしいハーモニーを生み出します。
特に、コーヒーの苦味が苦手な方にとって、甘いスイーツはコーヒーの苦味を中和し、より飲みやすくしてくれるでしょう。

チョコレートやケーキ、クッキーなどのスイーツは、コーヒーの苦味と相性が良いです。
特に、ダークチョコレートやナッツを含むスイーツは、コーヒーの深い風味を引き立てます。
また、フルーティーなタルトやクリーミーなチーズケーキも、コーヒーとの組み合わせで新たな味わいを楽しむことができます。

このように、スイーツを上手に選ぶことで、コーヒータイムはより一層楽しいものになります。
甘いスイーツと一緒にコーヒーを飲むことで、コーヒーの苦味が気にならず、バランスの取れた美味しさを味わうことができるでしょう。

次は「フレーバーコーヒー」をご紹介していきます。
フレーバーが加わることで、コーヒーはまた違った魅力を放ちます。

フレーバーコーヒーにする

フレーバーコーヒーにする

コーヒーの苦味を減らし、さらに楽しみを広げる方法として「フレーバーコーヒー」の選択も素晴らしいです。
フレーバーコーヒーは、様々な香りや味が加えられたコーヒーで、これによりコーヒーの苦味を感じにくくし、新しい味わいの体験を提供します。

フレーバーの種類

一般的なフレーバーには、ココア、ナッツ、スパイス、フルーツなどがあります。
これらのフレーバーは、コーヒーの苦味を緩和し、それぞれ独特の甘い香りや風味を加えることで、コーヒーの楽しみ方を広げてくれます。
特に、苦味が苦手な方や、香りが好き、いつもと違ったコーヒーを楽しみたい方には、フレーバーコーヒーがおすすめです。

香りが大事

フレーバーコーヒーを選ぶ際には、好みの香りを選ぶことが重要です。
例えば、甘くて穏やかな香りを好む方はココアフレーバーが、リッチでコクのある味わいを求める方はナッツ系が合うかもしれません。
自分に合ったフレーバーを見つけることで、毎日のコーヒータイムがより特別なものになるでしょう。

糖類不要で甘さを感じる

フレーバーコーヒーのもう1つの利点は、砂糖やハチミツといった甘味を加えなくても甘さを感じる事が出来る点です。
カロリーや糖質を気にして、砂糖やハチミツを加える事をためらう人もいると思います。
でもフレーバーコーヒーであれば、カロリーはそのままに、甘味を感じる事が出来るようになります。

もちろんフレーバーという香料を加える事に抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。
香りが強すぎると違和感がありますし、なにより添加物、というイメージが先行して、何か添加物は悪いもの、と思いこまれている方もいます。
しかし、少なくとも日本国内において体に悪い添加物、香料を使うことは禁じられていますから、安心して召し上がっていただきたいものです。

当社オススメのコーヒーをご紹介します

これまでに苦味が少なく、美味しいコーヒーの淹れ方や飲み方についてお話ししてきましたが、ここでは、当社が自信を持っておすすめするコーヒーをご紹介します。
私たちが作り上げたコーヒーは、もともと妊娠中の女性が美味しくコーヒーを安心して飲めるよう、選び抜かれた素材をもちいて作られたものばかり。
豊かな風味と香りをお楽しみいただけるよう素材を重視して作ったフレーバーコーヒーをいくつも取り揃えています。
それぞれの特徴を活かした極上のコーヒータイムを提供するため、厳選されたコーヒー豆を使用しています。

デカフェ&フレーバーコーヒー 極・馨-Gokkoh-(ごっこう)

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

当社で作り上げて販売している「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」は、デカフェとフレーバーコーヒーの魅力を兼ね備えた特別な製品です。
このコーヒーは、カフェインを気にせずに深い味わいを楽しみたい方や、毎日のコーヒータイムに新たな風味を求める方に最適です。

まず、デカフェの特性として、カフェインの苦みがないため、苦味が苦手な方でも安心して楽しめます。
また、デカフェであっても味わいはしっかりしており、コーヒー本来の深いコクと香りを存分に味わうことができます。

さらに、フレーバーコーヒーとしての特徴も兼ね備えています。
ココアヘーゼルナッツアーモンドブルーベリーといった様々なフレーバーからお選びいただけます。
これらの香りが加わることで、コーヒーの香りを一層豊かにし、香りで甘さを感じさせることで、カロリーを抑えつつ味わい深いコーヒーを楽しむことができます。
また、香料の添加だけではなく、香料の素となる素材がミックスされている点が大きな特徴です。
オランダ産ピュアココアパウダー、ヘーゼルナッツやアーモンド、北海道産黒豆を焙煎したもの、ブルーベリーを乾燥させパウダー状にしたもの、です。

「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」では、これらフレーバーをお気軽にお楽しみいただけるよう、アソートというかたちでお試しセットもございます。
送料も無料で提供しておりますので、お気軽にお気に入りの味を見つられるようになっています。
ドリップバッグとレギュラーコーヒー(コーヒー粉)の2種類で提供されていますので、コーヒーカップをお持ちの方であればドリップバッグを。
ドリッパーをお持ちであればレギュラーコーヒーがおすすめでしょう。

せっかくのフレーバーコーヒー、香りを楽しんでほしいからゆっくりと時間をかけて抽出できると最高です。

是非、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」で、カフェインを気にすることなく、豊かな香りと味わいのコーヒータイムをお過ごしください。

それでは、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」の特徴について詳しくご紹介します。

デカフェだからカフェインの苦みが無い

デカフェコーヒーだから妊娠中の方にも安全

「デカフェだからカフェインの苦みが無い」という点は、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」の大きな特徴の一つです。
多くの方がコーヒーを愛飲しながらも、カフェインの苦みに敏感であったり、夜間やリラックスタイムにカフェインの摂取を避けたいと考えています。
そんな方々に最適なのが、このデカフェコーヒーです。

デカフェコーヒーは、スイスウォーター法という水だけを使った安全な処理方法で、かつカフェインを99.9%以上除去しています。

このため、コーヒー、特にカフェイン特有の苦みが大幅に減少し、よりまろやかで優しい口当たりを楽しむことができます。
カフェインの苦みが抑えられているため、コーヒーの他の風味、例えば豆本来の甘みや香りが前面に出てきます。

また、デカフェコーヒーはカフェインを気にせずに飲めるため、夜遅くやリラックスしたい時、またはカフェインに敏感な方でも安心して楽しむことができます。
カフェインが気になる方でも、コーヒーの美味しさを十分に味わうことができるのが、デカフェコーヒーの大きな魅力です。

「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」は、このようなデカフェの特性を活かし、苦味を抑えながらも豊かな味わいを提供します。

デカフェだけど味はしっかりしている

「デカフェだけど味はしっかりしている」、これは当社の「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」が誇るもう一つの大きな特長です。
多くの方がデカフェコーヒーに対して持つ一般的な印象は、「カフェインが抜けると味も薄くなる」というものかもしれません。
しかし、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」は、そのような懸念を払拭するような製品です。

カフェインを除去した分、どうしても物足りなさを感じなくなることはあります。
私たちのコーヒーは、カフェインを取り除くプロセスにおいても、コーヒー豆本来の豊かな風味と深いコクを損なわないように細心の注意を払っています。
その結果、カフェインがほとんど含まれていないにも関わらず、味わい深く、風味豊かなコーヒーを実現しています。

このバランスの良さは、選び抜かれた高品質な豆と、熟練の焙煎技術によるものです。
焙煎のプロセスでは、豆の特性を最大限に活かし、カフェインを除去しながらも十分なコーヒー風味を保持することに注力しています。
元となるコーヒー豆の生産地はブラジルです。苦みも少なくバランスの良い味わいを選んでいます。
フレーバーコーヒーとしても相性良く出来るからです。

このようにして、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」はデカフェでありながら、しっかりとした味わいと満足感を提供しています。

カフェインはを控えたい。でも味わいに妥協したくないという方にとって、「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」は理想的な選択だと自負しています。

フレーバーコーヒーだから香りで甘さを感じてカロリーを抑えられる

フレーバーコーヒーだから香りで甘さを感じてカロリーを抑えられる

「フレーバーコーヒーだから香りで甘さを感じてカロリーを抑えられる」というのは、私たちの「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」のもう一つの魅力です。
通常、コーヒーに甘みを加える場合、砂糖やハチミツなどの甘味料を使用することが多いですが、これにはカロリーが伴います。
しかし、フレーバーコーヒーを選ぶことで、この問題を解決できます。

「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」のフレーバーコーヒーは、ココアヘーゼルナッツアーモンドブルーベリーと香りのラインナップを揃えています。
香料は最小限に抑えて、その代わりに香り素材を含まています。
この結果、コーヒーを飲む際に自然な甘さを感じさせ、実際に砂糖を加えなくても甘く感じられるようにしました。
香りによって甘さを感じることで満足感を得られ、結果として砂糖や甘味料の使用量を減らすことができます。

また、香りは気分をリフレッシュさせたり、リラックスさせたりする効果もあります。
たとえば、ココアの香りはリラックス効果があり、穏やかなコーヒータイムを演出します。
ヘーゼルナッツやアーモンドの香りは、より豊かで深みのあるコーヒー体験を提供します。

フレーバーコーヒーにすることでカロリーを気にせずに甘いコーヒーの味わいを楽しむことが出来るって素晴らしくないでしょうか。

フレーバーの種類がありお試しが出来る

アソートセット

コーヒーは毎日の小さな楽しみですが、同じ味ばかりでは飽きてしまうこともあります。
そんな時に選べる様々なフレーバーは、日々のコーヒータイムに新鮮さと変化をもたらしてくれます。

「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」のもう一つの魅力は、4つのフレーバー、黒豆ミックス、ノーマル、というように6種類の顔ぶれがあり、それをお試しいただけることです。
それぞれ独特の香りと味わいを持ち、コーヒーの楽しみ方を広げてくれます。

お試しセットもご用意しており、異なるフレーバーを楽しむことができます。
お好みのフレーバーを見つけたり、日によって異なる気分に合わせたコーヒーを選んでみてはいかがでしょう?
新しいコーヒーって、ちょっとした冒険ではありますが楽しみでもあります。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

まずはお気軽に試してみませんか?
「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」のフレーバーは、コーヒーの新しい楽しみ方を発見するきっかけとなるでしょう。

オススメの淹れ方

フレーバーコーヒーの特長は、その香りと味わいにあります。
これを最大限に引き出すには、いくつかのポイントに注意して淹れることが大切です。

まず、コーヒーの粉の量とお湯の量のバランスが重要です。
一般的に、コーヒー一杯に対してコーヒー粉は8~10グラムが目安です。
水の量は、120〜150ml(コーヒーカップ1杯分)が適量とされています。
この比率を守ることで、フレーバーの香りとコーヒー本来の味わいをバランス良く楽しむことができます。

マグカップも気軽でよいですが、ちょっとオシャレにコーヒーカップでいただいてみませんか?

次に、お湯の温度です。
フレーバーコーヒーの場合、お湯の温度は80〜90度程度が適しています。
高すぎる温度はフレーバーの香りを損なう可能性がありますので、適切な温度でゆっくりと抽出しましょう。
特に、本物のブルーベリーをパウダー状にした、「ブルーベリー」は80度の低めの温度が適温です。
逆にフレーバーが入っていない黒豆は、95度くらいの方が美味しくいただけます。

製品ラインナップ上、ドリップバッグを使った1杯飲み切りのものや、ドリッパーを使うレギュラーコーヒーがございます。
ドリッパーを使われるのであれば、簡単で安定した味をを引き出せる「メリタ式ドリッパー」が特におすすめです。
メリタ式ドリッパーは1つ穴のドリッパーで、一気にお湯を注ぐだけ、というとっても簡単な淹れ方で美味しいコーヒーを召し上がる事が出来るからです。

最後に、フレーバーコーヒーを淹れる際は、香りを楽しむためにも、淹れたてをすぐにお楽しみいただくことをおすすめします。
香りは時間と共に飛びやすいので、淹れたての香り高いコーヒーを味わうことで、フレーバーコーヒーの真価を存分に感じることができます。

これらのポイントを押さえて、フレーバーコーヒー「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」の豊かな香りと味わいをご自宅でお楽しみください。

最後に

コーヒーは日々の生活に小さな幸せをもたらす魔法のような存在

以上が、苦味が少なく甘くておいしいコーヒーの選び方や作り方、そして当社のオススメコーヒー「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」のご紹介でした。
コーヒーは日々の生活に小さな幸せをもたらす魔法のような存在です。
当社は、あなたの毎日にその小さな幸せをお届けできることを心から願っています。

コーヒー一杯で始まる朝が、あなたにとって穏やかで心地よいものになりますように。
また、一日の終わりには、当社のコーヒーがあなたの心をほっと安らげる時間を提供できれば幸いです。
苦味が少なく、心地よい甘さと香りを楽しむことで、あなたの日々がより豊かでハッピーなものになりますように。

これからも、私たちはあなたのコーヒータイムを支えるパートナーとして、最高の商品とサービスを提供し続けます。
どうぞ、これからも当社のコーヒーをお楽しみください。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

こちらの記事もどうぞ

コーヒーは「蒸らし」が命!コーヒーの味が薄い、もの足りないと思われたら蒸らしを見直しましょう! コーヒーは「蒸らし」が命!コーヒーの味が薄い、もの足りないと思われたら蒸らしを見直しましょう!
フレーバー別ドリップのコツをまとめてみました これを知るだけで美味しさが変わります! フレーバー別ドリップのコツをまとめてみました これを知るだけで美味しさが変わります!
ドリップバッグで美味しいコーヒーの淹れ方【ポイントは3つ】
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service