デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>無糖で甘く美味しい!お家で簡単、本格水出しコーヒーをデカフェで作ろう! 極・馨 – Gokkoh –

無糖で甘く美味しい!お家で簡単、本格水出しコーヒーをデカフェで作ろう! 極・馨 – Gokkoh –

2021年06月09日(水) テーマ:フレーバーコーヒー,極・馨,淹れ方
水出しコーヒーをデカフェフレーバーの極・馨 - Gokkoh - で頂きます

ブラックコーヒーは苦くて酸っぱい。だからお砂糖とミルクは欠かせない。
そう思っていませんか?
でもちょっと待ってください。

コーヒーって本来は無糖でも甘くて美味しい飲み物なのです。
元がコーヒーチェリーと呼ばれる、甘酸っぱい果実の種ですからね。
それを焙煎するから苦みも出るし、酸っぱさも残っちゃうのです。
苦みや酸っぱさだけが強調されて、コーヒーはそういうものなんだ、
という固定観念を持たれた方も多いのではないでしょうか。

そんなコーヒーですが、水出しコーヒーで作ると、コーヒー豆本来の甘さと、程よい苦みを味わえるんだ、って知ってました?
そう、砂糖などの糖分を加えなくても、甘くて美味しいブラックコーヒーを味わえちゃうんです!

ここでアイスコーヒーを思い出した人は、その味ではないかもしれない、と思ってくださいね。
実は、アイスコーヒーとは作り方も味も全然違うのです。

今回は、そんな無糖でも甘くて美味しいブラックコーヒーの淹れ方を、当方ご自慢のフレーバーデカフェコーヒー 極・馨 – Gokkoh – を使ってご紹介します!

水出しコーヒーとは?

水出しコーヒーとは、水でゆっくり抽出するコーヒーのことです。
別名、コールドブリュー(Cold Brew)とも呼ばれています。
余談ですが1年ほど前にBTSのパッケージで発売されて、一気に有名になりましたね。

私もお恥ずかしながら、水出しコーヒーの事をコールドブリュー(Cold Brew)と呼ぶんだ、という事を初めて知りました。

アイスコーヒーとは違います

喫茶店などでアイスコーヒーを頂く機会があると思いますが、
大抵のアイスコーヒーは、ホットコーヒーに氷を入れて冷やしたものです。
氷を入れると薄まりますから、アイスコーヒー専用に濃いめにドリップしているところもありますが、
今度は苦みやエグみ、といったものが強調され美味しくありません。
煎茶などのお茶を、熱いお湯で淹れると渋くなった経験はありませんか?
それと同じことが、コーヒーでも起きるのです。

水出しコーヒーは、ブラックが甘くて美味しい

水出しコーヒーの味の特徴は、コーヒー本来の甘味と旨味、穏やかな苦み、柔らかい丸みのある飲み心地です。

一般的なお湯を使って淹れるコーヒーや、後から冷やすアイスコーヒーと違い、苦みや酸味が抑えられます。
水を使ってゆっくりと時間をかけて抽出するため、良質な甘味と柔らかい苦みが特徴として引き出され、嫌な苦みやエグみが抑えられるのです。
甘くて美味しい煎茶や玉露が、ぬるめのお湯で淹れるというのと同じです。

淹れるのが簡単で美味しい

水出しコーヒーのもう1つの特徴は、簡単でかつ、安定した味わいを楽しめる点です。

お湯加減や豆の分量、お湯の量など、ちょっとした加減で味が変化するのがホットコーヒーです。
この微妙なさじ加減で変わる味を楽しむために、こだわりを持って楽しんでいる人も多くおりますが、
一方、家事でいつもお忙しい主婦の方にとっては、簡単にかつ美味しく頂ける水出しコーヒーは、ありがたい存在ではないかと思います。

水出しコーヒーをお家でつくろう!

さて、これから水出しコーヒーの作り方をご紹介いたします。
無糖でも甘くて美味しいブラックコーヒーをぜひご賞味あれ!

準備するもの

今回は、どのご家庭でもあるだろう、というもので作り方をご紹介します。
ポイントは、コーヒー豆、水、そして容器の3点です。

コーヒー豆

オススメは「中挽き~細挽き」で「深煎り」のコーヒー豆です。

挽き加減でコーヒーの濃さが変わります。中挽きより細挽きの方が味が濃くなります。
お好みではありますが、最初は中挽きあたりで試すとよいでしょう。

煎り加減で、味の質が変わります。
「深煎り」だと酸味が少なくなり、苦みとコクのある味わいになります。
「浅煎り」だと、酸味やフルーティーな味わいになります。
水出しコーヒーに適している味は、一般的にコクと苦みだと言われています。

ちなみに、当社で扱っている極・馨 – Gokkoh – は、中挽きで若干深入り(シティローストとフルシティロースト)という位置づけ。
水出しコーヒーにはもってこい、のコーヒー豆なのです。

おススメは軟水です。
逆の硬水は、マグネシウムやカルシウムといったミネラル成分を多く含んだ水の事で味わいに影響があります。
なので、味わいに影響を出さないは軟水が適しています。
軟水は、日本で一般的に飲まれているお水なので、浄水器を通した水道水でも十分楽しむことができます。
もし気になるようであれば、軟水のミネラルウォーターを使ってもよいでしょう。

容器

今回はピッチャーを使う方法をご紹介します。
麦茶など水出しするときに使うような入れ物ですね。

そして、もう一つ必要なのが、お茶やだしをとるためのパック。
そこに、コーヒー粉を必要なだけ入れておくのです。

水出しコーヒーの作り方

500ccのお水だと、グラス2~3杯分くらいになりますね。
まずはここから始めてみましょう。

お茶だしパックにコーヒー粉を詰め込む

お茶だしバックに50gのコーヒー豆を詰め込みました

500ccのお水に必要なコーヒー豆は、 50gです。
100ccにつき、10g のコーヒー豆、と考えると計算しやすいと思います。

ちなみに10g のコーヒー豆は、だいたい大さじ(計量スプーン)すりきり2杯分です。
なので、50g のコーヒー豆であれば、大さじで10杯です。

これを用意しておいたお茶だしパックに入れていきます。
もしお茶だしパックが小さくて入りきらなかったら、2パックに分けて入れても良いでしょう。

ピッチャーに入れて、お水で浸す

お茶だしバックに50gのコーヒー豆を詰め込みました

浮きやすいので、最初にお茶だしパックをピッチャーに入れてから、お水を注ぐとよいでしょう。
お水を入れたら、よく浸してコーヒー粉全体がお水に浸るようにしましょう。

冷蔵庫に入れてゆっくり抽出

すぐに色が出始めます

お水を入れると、すぐに色が出始めます。

ある程度浸って色が十分出てきたな、と思ったら、
そのまま冷蔵庫に入れて冷やしてください。
ゆっくり抽出していきます。


極・馨 – Gokkoh – であれば、3時間もあれば十分味が出てきて飲み頃になります。
お好みで5時間、8時間、と時間を増やしていってもよいでしょう。

出来上がりがこちらです

そして、出来上がりがこちら!
冷たくて美味しそうですね。

その他の容器

お茶だしパックはとっても簡単で、ゴミ出しも手軽にできるので、かなりのオススメです。

それ以外にも、外観を気にしたい、コーヒーの出しガラを扱うのが気にならない、という方であれば。
「水出しコーヒー用ポット」で検索してみてはいかがでしょうか。
オシャレな商品が多いので、来客の時に容器ごとお出しして喜んでもらう、なんてのも面白いかもしれませんね。

水出しコーヒーのアレンジ

ここからは、極・馨 – Gokkoh – だけの水出しコーヒーの楽しみ方です。

極・馨 – Gokkoh – は、フレーバー素材がミックスされたデカフェコーヒーを3種類ご用意しています。
どの商品も、香りだけではなく、素材が含まれたミックスコーヒーですので、水出しコーヒーにしたときに、香り素材の味も楽しむことができます。
香りだけのフレーバーコーヒーとは違い、香り素材の味を同時に楽しむことができるのが、極・馨 – Gokkoh –の大きな特徴です。

  • 北海道産黒豆のミックスは、黒豆の甘さと旨味、そして香ばしさが口いっぱいに広がります。黒豆の健康的な味わいが、清々しい気持ちにさせてくれます。
  • オランダ産ピュアココアのミックスは、ココアの香りと甘さが全面に出てきます。続いてブラックコーヒーの甘さとほろ苦さが表れてきます。自然な甘さを続けて楽しむ事ができます。
  • トルコ産ヘーゼルナッツのミックスは、口に含んだ瞬間、ヘーゼルナッツのふくよかな香りと味で満たされます。続けてブラックコーヒーのほろ苦さが表れてきます。ブラックコーヒーのほろ苦さの中に控えめな甘さを味わえる、大人の味です。

ノーマルで作った水出しコーヒーも、もちろん甘くて美味しいです。
そのうえで、フレーバー素材がミックスされた水出しコーヒーは、普通のブラックコーヒーとは別次元の味わいを楽しむことができます。
是非ご賞味あれ!

高品質デカフェだから量も時間帯も気にせず、美味しく召し上がれ

水出しコーヒーは飲みやすいし、出来上がればいつでも簡単に飲めちゃいます。
でも、普通のコーヒーだとカフェインが含まれますから、飲みすぎや時間帯を気にしがちです。

一方、極・馨 – Gokkoh – はデカフェですから、飲みすぎちゃった、夜遅く飲んじゃった、となっても安心です。

高品質デカフェ豆を使っているから、味が薄い、なんてことはありません。
水出しコーヒーにしても、十分に美味しいデカフェなのです。

デカフェだから興奮作用もないし、利尿作用もありません。
妊婦さんや授乳中でお子さんの事を気にする必要もありません。
もちろん健常者の方であっても、カフェインの取りすぎは何かしらの影響を与えますから。
時間帯も量も気にせず飲めるんだ、というのは大きな利点ですね。

飲みすぎや時間帯、お子さんの事など。
そういった気がかりなく、美味しいデカフェを飲んで。
フレーバーミックスの新しく美味しい味も楽しんで。
素敵なコーヒーライフをお楽しみください!

pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

© 2021 極・馨-Gokkoh-