極・馨について

妊娠中だからこそ、安心安全にこだわったフレーバーデカフェコーヒーを

日本では、デカフェというと妊娠・授乳中の女性や、カフェインを控えたい人にニーズがあると思われがちです。

ですが、ヨーロッパではデカフェは、広く親しまれている飲み物。

こうした背景の差もあるのかもしれませんが、日本におけるデカフェのカフェイン含有量には基準がなく、デカフェの需要が多いヨーロッパでは、カフェイン含有率0.2%以下という厳格な基準が設けられています(インスタントは0.3%以下)。

安心安全なものを提供することを第一にしている極・馨-Gokkoh-でも、ヨーロッパ基準をクリアすることは当然としております。

カフェインの除去方法

また、カフェインの除去方法も安全性の高い製法を選んでおります。

現在、カフェイン除去には3つの方法があります。

1.有機溶媒を用いる方法

カフェインが溶ける化学薬品を使って除去する方法です。

コストがかからず安価に除去できますが、カフェイン以外の成分も失われてしまい、味・風味ともに落ちてしまいます。

そして、溶媒の残存性の問題や、溶媒の発がん性の問題から、日本では輸入が禁止されています。

2. 水を用いる方法

薬品を使う方法と、水のみの方法とがあります。

薬品を使う方法は、薬品が生豆に直接触れないので安全性が高く風味の損失も少ない処理法です。

水のみの方法(スイスウォータープロセスやマウンテンウォータープロセス)は薬品を使わないため、より自然に近い安全性の高い処理法です。

薬品を使う方法、水のみ使う方法のどちらも、一度生豆の成分を抽出し、カフェインだけを取り除いて、最後に旨味を丁寧に閉じ込めます。

カフェインの除去率も高いのにコストがかからず、丁寧に処理をすれば通常のコーヒーと風味があまり変わらないのが特徴です

3.二酸化炭素だけを用いる方法

私たちが息を吐くときに含まれる二酸化炭素に、一定の圧力と温度を加え、気体と液体の両方の性質を持つという超臨界流体の状態にします。

この状態の二酸化炭素のみを使い、カフェインだけを除去します。他の成分の損失を抑えることができるので、コーヒー豆の香りや味を損ねず守ることができます。

何より、薬品をいっさい使わないので安全性が高く、除去率も高いことが特長ですが、超臨界状態を作るため大がかりな設備が必要となりコストがかかります。

極・馨-Gokkoh-が採用した方法

極・馨-Gokkoh-では、みなさまによりお買い求めやすい価格で、かつ品質の妥協をしない、というところから、2番目の「スイスウォーター法」を採用しております。

数あるスイスウォーター法デカフェの中でも、カフェイン除去率99.9%以上の安定した高い技術と、製造ロットごとにカフェイン除去の検査証明書を開示してくれる工場を選定。

ご購入のみなさまにご安心いただくために、製造ロットごとの検査証明書を公開。

カフェイン含有率0.05%と驚異の除去率を誇っておりますので、安心してお飲みいただけます。

検査証明書

pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service