デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>妊婦さんは1日何杯までコーヒーを飲めるの?デカフェは大丈夫?

妊婦さんは1日何杯までコーヒーを飲めるの?デカフェは大丈夫?

妊婦さんとデカフェ極・馨 - Gokkoh -
妊婦さんは、おなかの赤ちゃんに影響するから、コーヒーなどカフェインが含まれるものは摂取を控えてください。
そのように言われているかと思います。

でも、好きなコーヒーを我慢するのは辛いしストレスになるから、おなかの赤ちゃんへの影響も心配。
さて、実際のところはどうなのでしょうか?

コーヒーからカフェインを抜いたデカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)というものに変えれば大丈夫、とも言われます。
でもデカフェコーヒーは味が薄いとか、もの足りない、と言われて美味しくない、というイメージも持たれていると思います。

私もかつて妊娠出産を経験したコーヒー好きの一人で、同じ悩みを持っていました。
私の周りにも同じ悩みを持たれている方が多くいらっしゃることも分かりました。

そこで同じ悩みを抱えている人に、と思いデカフェ&フレーバーコーヒー「極・馨 – Gokkoh –(ごっこう)」を作り販売する事にしたのです。
カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去
よろしければご覧ください。

特に気を付けたのが、カフェインの含有量です。
カフェインレスといっても、実際には少量ですがカフェインが含まれていますから、カフェイン量を気にされる方にとっては、実際どれだけ飲んでいいかわからなくて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カフェイン摂取量について厚生労働省の情報

厚生労働省からの情報によりますと
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html
カフェイン摂取可能な量について各国基準は異なりますが、おおむね1日あたり

  • 妊婦さんで、200mg~300mg
  • 健康な成人で、400mg程度

このようにカフェイン摂取量の上限を定めているようです。

カフェインが含まれるコーヒーは、何杯飲んでいいの?

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO95861590X00C16A1000000/
こちらをみますと、 一般的なコーヒーには、100mLあたり60mgのカフェインが含まれるようです。

コーヒーカップ1杯あたり150mLだとすると、90mgのカフェインが含まれるわけですから、
1日のカフェイン摂取量が200mgであれば、コーヒー2杯までOKという計算になりますね。


しかし、
カフェインを摂る事で、生まれてくる赤ちゃんが低体重になる可能性がある。
そんな事を言われると、気になって飲めなくなってしまいますよね。

だから、美味しいデカフェを飲むことで安心してコーヒーを楽しんでほしいと思ったのです。

極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)に含まれるカフェイン量

次に私どもが作りました、デカフェ&フレーバーコーヒー、極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)はどうでしょうか?

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

極・馨 -Gokkoh- で使用されているデカフェ豆は、カフェイン含有率が 0.1%未満 です。
第三者機関からの認証を公表しておりますので、信頼して良い数字です。


ここから計算です。ちょっとだけお付き合いください。

コーヒー1杯の抽出に必要なコーヒー豆は、おおよそ10gです。
カフェイン含有率が 0.1%未満 ですから、 10gのデカフェ豆、つまりデカフェコーヒー1杯で、 5mg のカフェインが含まれることがわかります。


5杯飲んでも約25mgですから、妊婦さんが摂取できるカフェイン量の200mg を大幅に下回っています!

これなら安心して飲むことができますね!

デカフェ ーコーヒー ノーマル(200g レギュラー)

デカフェ コーヒー ノーマル(200g レギュラー)

ココアミックスのカフェインは?

極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)では、ココアをミックスしたフレーバー&デカフェコーヒーもご用意しております。

ココアの甘さと味わい、ミルクたっぷりのカフェオレでいただくと本当に美味しい!
数あるフレーバーの中でも実は一番人気の商品です。

しかし、ココアにもカフェインが含まれておりますから、気にされる方もいらっしゃいます。

そこで実際に計算してみました。


極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)では、デカフェコーヒー1杯分に含まれるピュアココア量が 0.4gになるよう配分しています。

日本食品標準成分表2015年版(七訂) 文部科学省によりますと、ピュアココア100gあたりカフェイン量は200mgです。0.4gのピュアココアであれば、含まれるカフェイン量は0.8mgです。

上で計算した、デカフェ1杯あたり 5mg に、 ココアに含まれるカフェイン0.8mg を足すと、 5.8mgになります。


5杯飲んでも約29mgですから、こちらも妊婦さんが摂取できるカフェイン量の200mg を大幅に下回っています!

ココアフレーバーも、量を気にせず安心してお召し上がりください。

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

色んなフレーバーを試されたい方にはこちらもおすすめ

ココア以外にも極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)では様々なフレーバーを用意しています。
初めて試される方には気軽に試してみたい、という方もいらっしゃいます。

そこで、このようなアソートセットをご用意させていただきました。

ノーマルと5種類のフレーバーがセットになったものを、送料無料でお届けします。
ぜひお試しください。

こちらの記事もどうぞ

授乳中でもカフェインレスなら何杯まで大丈夫なのか?カフェインをとりすぎるとどんな影響があるか解説!
デカフェコーヒーは必要?体に悪い?不味い?選び方は?妊娠中は大丈夫?
妊婦さんのことを考えたから、素材を大事にしたフレーバーコーヒーになりました
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service