デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>妊婦さんは1日何杯までコーヒーを飲めるの?デカフェは大丈夫?

妊婦さんは1日何杯までコーヒーを飲めるの?デカフェは大丈夫?

2021年02月16日(火) テーマ:妊娠中のコーヒー,極・馨
妊婦さんとデカフェ極・馨 - Gokkoh -

妊婦さんは、おなかの赤ちゃんに影響するから、コーヒーなどカフェインが含まれるものは摂取を控えてください。
そのように言われているかと思います。

でも、好きなコーヒーを我慢するのは辛いしストレスになるから、おなかの赤ちゃんへの影響も心配。
さて、実際のところはどうなのでしょう?

カフェイン摂取量について厚生労働省の情報

厚生労働省からの情報によりますと
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html
カフェイン摂取可能な量について各国基準は異なりますが、おおむね1日あたり

  • 妊婦さんで、200mg~300mg
  • 健康な成人で、400mg程度

このようにカフェイン摂取量の上限を定めているようです。

カフェインが含まれるコーヒーは、何杯飲んでいいの?

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO95861590X00C16A1000000/
こちらをみますと、 一般的なコーヒーには、100mLあたり60mgのカフェインが含まれるようです。

コーヒーカップ1杯あたり150mLだとすると、90mgのカフェインが含まれるわけですから。
1日のカフェイン摂取量が200mgであれば、コーヒー2杯までOKという計算になりますね。


しかし。
カフェインを摂る事で、生まれてくる赤ちゃんが低体重になる可能性がある。
そんな事を言われると、気になって飲めなくなっちゃいますよね。

だから、美味しいデカフェを飲むことで安心してコーヒーを楽しんでほしいと思ったのです。

極・馨 – Gokkoh – に含まれるカフェイン量

妊婦さんのことを考えて生まれたデカフェフレーバーコーヒー、極・馨 -Gokkoh- はどうでしょう?

極・馨 -Gokkoh- で使用されているデカフェ豆は、カフェイン含有率が 0.05% です。
第三者機関からの認証を公表しておりますので、信頼してよい数字です。


ここから計算です。ちょっとだけお付き合いください。

コーヒー1杯の抽出に必要なコーヒー豆は、おおよそ10gです。
カフェイン含有率が 0.05% ですから、 10gのデカフェ豆、つまりデカフェコーヒー1杯で、 5mg のカフェインが含まれることがわかります。


5杯飲んでも約25mgですから、妊婦さんが摂取できるカフェイン量の200mg を大幅に下回っています!

これなら安心して飲むことができます!

デカフェ ーコーヒー ノーマル(200g レギュラー)

デカフェ コーヒー ノーマル(200g レギュラー)

ココアミックスのカフェインは?

極・馨 – Gokkoh -では、ココアをミックスしたフレーバーデカフェもご用意しております。

ココアの甘さと味わい、ミルクたっぷりのカフェオレでいただくと本当に美味しい!
女性に人気の商品です。

しかし、ココアにもコーヒー同様カフェインが含まれておりますから、気にされる方もいらっしゃいます。

そこで実際に計算してみました。


極・馨 – Gokkoh – では、デカフェ1杯分に含まれるピュアココア量が 0.4gになるよう配分しています。

日本食品標準成分表2015年版(七訂) 文部科学省によりますと、ピュアココア100gあたりカフェイン量は200mgです。0.4gのピュアココアであれば、含まれるカフェイン量は0.8mgです。

上で計算した、デカフェ1杯あたり 5mg に、 ココアに含まれるカフェイン0.8mg を足すと、 5.8mgになります。


5杯飲んでも約29mgですから、こちらも妊婦さんが摂取できるカフェイン量の200mg を大幅に下回っています!

ココアミックスも、安心して量を気にせずお召し上がりください!

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

© 2021 極・馨-Gokkoh-