デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>【氷コーヒー】アイスカフェオレをココアフレーバーで作ってみました!作りおき出来て簡単にすぐに飲めます

【氷コーヒー】アイスカフェオレをココアフレーバーで作ってみました!作りおき出来て簡単にすぐに飲めます

2022年06月04日(土) テーマ:フレーバーコーヒー,極・馨,淹れ方
氷コーヒー

6月に入り、ジメジメ蒸し暑い天気になってきました。
これからいよいよ暑い季節がやってきます。
そんな暑い夏をヒンヤリ冷たいアイスカフェオレで楽しみましょう!

今回は、極・馨 – Gokkoh – (ごっこう)のココアフレーバーで入れたデカフェコーヒーを、氷コーヒーにしてみました。

ココアフレーバーがミルクとの相性バツグン。
氷コーヒーだから味がゆっくり溶けだして、ミルクの優しい味わいを楽しむ事ができます。

デカフェだから、お母さんだけじゃなく小さなお子さんも一緒に楽しむ事ができます。

氷コーヒーは作り方も簡単です。
作り置きしておけば、いつでも簡単にアイスカフェオレを楽しむ事が出来ます。
ぜひお試しください。

氷コーヒーとは?

コーヒーを凍らせたものです。
その氷コーヒーをミルクで溶かして、アイスカフェオレでいただきます。

アイスコーヒーというと、コーヒーに氷が入ったものが一般的だと思いますが、氷が解けると薄まり水っぽくなります。
アイスカフェオレも同じですね。

氷コーヒーは、時間が経っても薄まる事がないので、最後まで美味しく飲む事ができます。

極・馨 – Gokkoh – (ごっこう)の氷コーヒーの特徴

一つは、デカフェという点。
カフェインが除かれていますから、妊娠中や授乳中の方であっても安心してアイスコーヒー(デカフェ)を楽しめます。

もう一つは、フレーバーがミルクと相性バツグンだという点。
今回はその中でも特に相性がよい、ココアフレーバーを使いました。
ココアパウダーも含まれていますから、ココアの苦みも感じられるのですが、この苦みはチョコレートと同じでミルクと本当に相性がよいのです。

ミルクを多めに作れば苦みも抑えられますので、小さなお子様にも美味しく飲んでもらう事もできます。

氷コーヒーの作り方

それでは、さっそく氷コーヒーの作り方を順を追ってご紹介します。

準備するもの

製氷皿

今回は製氷皿1枚で12個の氷が出来るタイプのものを準備しました。
1枚で300mlの水が入る容量でしたので、コーヒー1杯あたり150ml換算で2杯分を入れる計算になります。

ドリップセット(メリタ式)

こちらにメリタ式のドリップ方法をご紹介していますので、併せてごらんください。

デカフェ フレーバーコーヒー ココア


今回はココアを使いましたが、どのフレーバーも相性が良いので、色々とお試しください。

今回は300ml分作りますから、コーヒー2杯分の 20gのコーヒー粉で淹れました。
苦みは控えめですので、もしもっとコーヒーの味を楽しみたい場合は、粉の分量を増やして調整してください。

ドリップしたコーヒーを淹れる

ドリッパーにコーヒー豆をセットする

ドリッパーセットを準備して、コーヒー粉を入れておきます。

蒸らします

沸かしたお湯を少し注ぎ、コーヒー粉全体にお湯がかかるよう湿らせたら、20秒ほど蒸らしましょう。

お湯を注ぎます

お湯を注ぎます。
メリタ式であればどんどん注いでいきましょう。

ドリップコーヒーの出来上がり!

ドリップコーヒーの出来上がり!
ココアの香りと、コーヒーの香りがいいかんじです。
このまま冷ましていきます。

製氷皿に入れて凍らせる

製氷皿にコーヒーを注ぎます

コーヒーが冷めてきたら、製氷皿にコーヒーを注いでいきます。
氷の大きさは小さい方が溶けやすいので、少な目に注ぐのがポイントです。

注ぎ終わったら、冷凍庫に入れて十分固まるのを待ちましょう!

凍ったコーヒー

凍るとこんな感じになります。

グラスに氷を入れる

グラスに氷コーヒーを入れます

グラスに氷コーヒーを入れます。
グラスいっぱいに氷コーヒーを入れましたが、多いと溶けきるまで時間がかかりますから、もっと少なくてもよいかもしれません。

ミルクを注いで完成!

ミルクを注いでいきます

氷コーヒーが入ったグラスにミルクを注いでいきます。
少しづつ氷コーヒーが溶けだして、とっても美味しそうです。

氷コーヒーで作ったアイスカフェオレの完成!

氷コーヒーで作ったアイスカフェオレの完成です!

ココアの香りと味がほんのりして、ミルクの相乗効果でとっても甘く、とってもまろやかで香ばしさを感じるカフェオレに仕上がりました。
お砂糖は全く使っていないのに、この甘さは本当に嬉しいです!
牛乳の甘みは乳糖で血糖値の上昇がゆるやかですから、糖分の摂取を控える必要のある人にとっても嬉しい飲み物です。

今回使ったデカフェコーヒーはこちら

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)デカフェ フレーバーコーヒー ココアミックス(200g レギュラー)

ココアの甘い香りとココアパウダーの苦みがチョコレートをイメージしますから、お砂糖なしでも十分な甘さを感じる事ができます。
そんなココアフレーバーの極・馨 – Gokkoh – (ごっこう)は、今回ご紹介したようにミルクでカフェオレにすると美味しさが際立ちます。

こちらの記事もどうぞ

メリタ式であれば初心者でも安定した味が出せます。ペーパードリップで簡単おいしいコーヒーのいれ方
ドリップパックを使って、手軽に美味しいホットコーヒーを淹れる方法をご紹介します
デカフェフレーバーでカフェインや血糖値を気にせず甘い香りで最高のひとときをお楽しみください
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service