デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>コーヒーで胃痛になる人に、カフェインカットのデカフェコーヒーはいかがでしょう

コーヒーで胃痛になる人に、カフェインカットのデカフェコーヒーはいかがでしょう

2024年01月19日(金) テーマ:健康とコーヒー
タグ: , , ,
胃痛を気にせず美味しくコーヒーを飲むなら食事と一緒にデカフェコーヒーをカフェオレでいただきましょう

コーヒーを飲むと胃が痛くなるからあまり飲めない。
コーヒーは好きなんだけど、こういった理由からやむなくコーヒーを控えている。

そんな方たちにおすすめしたいのが、カフェインをカットしたデカフェコーヒーです。

ただ、デカフェコーヒーは美味しくないというイメージもありますし、種類が無いからすぐに飽きがきてしまう。
そういった言葉も聞かれます。

そこで今回は、カフェインをカットしたデカフェコーヒーが胃痛に良いという理由、そしてメリットについて書かせていただきました。
コーヒーが胃痛の原因になる理由が分かれば対処方法も見えていきます。

そして、私たちが作っているデカフェ&フレーバーコーヒー 「極・馨-Gokkoh-(ごっこう)」が、改めて胃痛持ちの人たちにとって助けになると思っています。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

ぜひお試しください。

コーヒーで胃痛になる理由

コーヒー愛好家にとって、コーヒーを飲んだ後に感じる胃痛は悩みの種です。
では、なぜコーヒーは胃に影響を与えるのでしょうか?

胃の粘膜が刺激されるから痛みを感じる

主な理由は、コーヒーに含まれる特定の成分が胃の粘膜を刺激し、胃酸の過剰分泌を引き起こすことにあります。
特に空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸が直接胃の内壁に作用し、胃痛を引き起こす可能性が高まります。

コーヒーは消化器系に刺激的な作用を持つため、胃腸が敏感な人にとっては特に影響が大きいです。
胃腸の弱い人がコーヒーを飲むと、胃の不快感や痛みを感じやすくなります。

さらに、コーヒーの飲み方にも注意が必要です。
例えば、高温で飲むことも胃に負担をかける原因となり得ます。冷たいコーヒーも胃に負担をかけます。
適温で飲むことで、胃への刺激を減らすことができます。

胃酸の分泌を促進する成分がコーヒーには含まれる

コーヒーにはクロロゲン酸やカフェインなど、胃酸の分泌を促進する成分が含まれています。
これらの成分は、胃の内壁を刺激し、胃酸の分泌を活発にします。
胃酸の分泌が少なからず胃に影響を与えます。

コーヒーに含まれる成分

コーヒー成分表

コーヒーの成分:コーヒーの基礎知識より

それでは、コーヒーに含まれる成分のうち、胃痛に関係する成分について掘り下げてご紹介していきます。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、その健康効果と胃への影響という、二つの大きな側面を持っています。
ここでは、クロロゲン酸の良い点と悪い点について掘り下げてみましょう。

【良い点】
クロロゲン酸は強力な抗酸化作用を持っています。
この抗酸化作用により細胞の酸化を防ぐことができます。これは、老化防止や慢性疾患のリスクを減らす効果につながります。
また、クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑制する効果もあり、糖尿病の予防や管理に役立つとされています。
さらに、脂肪の代謝を促進する作用もあり、ダイエットや健康維持に寄与する可能性があります。

【悪い点】
一方で、クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進する作用があります。
これが胃の粘膜を刺激し、胃痛や胃もたれの原因となることがあります。
特に、胃腸が敏感な人や胃炎、胃潰瘍などの胃の疾患を持つ人にとっては、コーヒーの摂取が胃の不快感を引き起こす可能性が高まります。

このように、クロロゲン酸は健康に対して多くの利点を持つ一方、胃に対しては負担となりえる存在です。
コーヒーを飲む際はこれらの点を考慮し、自分の体調や健康状態に合わせた適量を心がけることが重要です。

カフェイン

カフェインは、コーヒーの最も知られている成分の一つです。
カフェインには多くの利点がありますが、同時にいくつかの懸念点もございます。

【良い点】
カフェインの最も顕著な効果は、その刺激作用です。
カフェインは中枢神経系を刺激し、注意力や集中力、反応速度を高めることが知られています。
これにより、仕事や勉強中のパフォーマンス向上に役立ちます。
また、カフェインには一時的な疲労感の軽減や覚醒効果もあり、短期的にはやる気を起こす効果があります。
運動能力の向上や代謝の促進といった効果も報告されており、アスリートやダイエット中の人々にも人気です。

【悪い点】
しかし、良い事ばかりでもありません。
カフェインを多く摂りすぎると、不安感や不眠、心拍数の増加、消化器といった副作用を引き起こします。
特に、カフェインに敏感な人や、一度に大量のカフェインを摂取すると、このような症状を強く感じることがあります。

また、カフェインは依存性があります。
普段からカフェインを摂っていると、カフェインを断った時に頭痛やイライラといった離脱症状を経験することもあります。

さらに、カフェインは胃酸の分泌を促進し、胃痛や胃腸の不快感を引き起こす可能性があります。

カフェインは、適量を守れば多くの利点を享受できる成分ですが、過剰摂取や個人の体質によっては副作用のリスクも伴います。
自分の体調やカフェインへの反応を理解し、適切な量を摂取することが大切です。

胃痛を防ぐ方法

コーヒーを楽しみたいのに胃痛は避けたいですよね。

コーヒーに含まれる成分が胃酸を多く分泌して胃痛を引き起こす、という事はわかりました。
ということは、胃酸を引き起こしても大丈夫なようにすればよいわけです。

そこでここでは胃に優しいコーヒーの楽しみ方をご紹介したいと思います。
コーヒーによる胃の不快感を軽減し、健康的にコーヒーを楽しむための効果的な手段となり得ます。

空腹時を避ける

コーヒーを飲む際に特に注意したいのが、空腹時のコーヒー摂取です。
空腹時にコーヒーを飲むことは、胃痛のリスクを高める原因となり得ます。その理由を詳しく見ていきましょう。

先にお話した通り、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は胃酸の分泌を促進します。

通常、食事をすると食べ物が胃酸と混ざり合い、胃酸が食物の消化に使われます。
しかし、空腹時にコーヒーを飲むと、食物がない状態で胃酸が分泌されます。
この結果、胃酸が胃の粘膜に直接作用し、胃痛や胃もたれを引き起こす可能性があります。

また、空腹時には胃の中が空であるため、コーヒーの成分がより直接的に胃に影響を与えやすくなります。
これが胃の刺激となり、敏感な人には特に不快な症状を引き起こすことがあります。

このような胃への影響を避けるためには、コーヒーを飲む前に何か軽く食べることです。
例えば、トーストやビスケットなどの炭水化物を含む軽食は、胃酸を吸収し胃の粘膜を保護する効果があります。

逆に言うと、食後のコーヒーが良いでしょう、という事です。

カフェインレスコーヒーにする

コーヒーによる胃痛を防ぐもう一つの効果的な方法は、カフェインレスコーヒー、すなわちデカフェコーヒーを選ぶことです。
カフェインは、多くの人にとってコーヒーの魅力の一部ですが、胃には刺激的な作用を持ちます。
カフェインレスコーヒーにすることで、これらの問題を回避しつつ、コーヒーの味わいを楽しむことができます。

カフェインは胃酸の分泌を促進し、胃の粘膜を刺激することが知られています。
これが胃痛や胃もたれの原因となることがあります。
カフェインレスコーヒーでは、この刺激的な成分が取り除かれているため、胃に対する影響が大幅に軽減されます。

また、カフェインには中枢神経を刺激する効果があり、これが不安感や睡眠障害を引き起こすこともあります。
これらの副作用を避けたい場合にも、カフェインレスコーヒーは良い選択肢となります。

デカフェコーヒーは、カフェインを含む通常のコーヒーと比較して、味が異なると感じる人もいますが、近年では高品質なデカフェコーヒーの選択肢も増えています。
これらの製品は、カフェインを含まないにも関わらず、豊かな風味と満足感を提供します。

胃に優しいコーヒーを求めている人にとって、カフェインレスコーヒーは、胃痛を避けながらコーヒーの楽しみを維持するための理想的な選択肢です。

カフェオレにして飲む

ミルクたっぷりカフェオレ

コーヒーによる胃への影響を軽減するための方法の一つに、カフェオレにして飲むことが挙げられます。
カフェオレはコーヒーにミルクを加えた飲み物で、このミルクが胃への刺激を和らげる役割を果たします。

では、なぜカフェオレが胃に優しいのでしょうか?

ミルクに含まれるカルシウムや他の成分は、胃酸の中和作用を持ちます。
コーヒーの酸性成分とミルクのアルカリ性成分が混ざり合うことで、コーヒーの酸度が低減され、胃への刺激が軽減されます。
これにより、コーヒー単体で飲む場合に比べて胃への負担が減少するのです。

また、ミルクは胃の粘膜をコーティングするような効果を持ち、胃酸やコーヒーの成分が直接胃壁に触れるのを防ぎます。
これにより、胃痛や胃もたれを引き起こすリスクが減少します。

さらに、カフェオレは全体的にコーヒーよりもマイルドな味わいとなり、胃腸が敏感な人にとっても飲みやすい選択肢となります。
特に、胃酸過多や胃炎などの胃の問題を抱えている人にとって、カフェオレはコーヒーを楽しむ上での良い楽しみ方でしょう。

これらを鑑みると、カフェインレスコーヒー(デカフェ)をカフェオレで、食後に飲むという組み合わせが最高ですね。

ストレスとコーヒーの関係も重要

ストレス解消に飲むコーヒー

日常生活におけるストレスとコーヒーの関係は、多くの人にとって重要なテーマです。
コーヒーはその香りや味わいにより、一時的なリラクゼーションや気分転換を提供し、ストレス緩和に役立つことがあります。
しかし、この効果はカフェインの摂取量によって大きく異なり、適量を超えると逆効果になる可能性があります。
特に、カフェインによる刺激が不眠を引き起こし、結果としてストレスを増加させることがあります。
このような状況を避けるためには、カフェインの摂取を控えめにすることが重要です。

カフェインがないコーヒー、つまりデカフェコーヒーは、この点で理想的な選択肢となります。
デカフェコーヒーは、カフェインの刺激的な効果を取り除きつつ、コーヒーの楽しみを提供します。
これにより、コーヒーを飲むことで得られるリラクゼーションや満足感はそのままに、不眠やストレスの増加といった副作用を避けることができます。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

ストレス緩和のためにコーヒーは有効

コーヒーがストレス緩和に役立つというのは、多くの人にとって喜ばしい事実です。
コーヒーの持つ独特の香りや味わいは、心地よいリラクゼーション効果をもたらし、日々のストレスから一時的に解放してくれます。
この効果は、コーヒーの持つ感覚的な魅力だけでなく、カフェインによる脳への刺激作用にも部分的に起因しています。

コーヒーを飲むことで、脳内の神経伝達物質のバランスが変化し、気分が高揚したり、リラックスしたりすることがあります。
特に、忙しい一日の始まりや、午後のブレイクタイムにコーヒーを飲むことは、多くの人にとって気分転換やエネルギーの再充電の機会となります。

さらに、コーヒーの社会的側面もストレス緩和に寄与します。友人や同僚とコーヒーを共にする時間は、コミュニケーションを促進し、心の安らぎをもたらすことがあります。
このように、コーヒーはその味わい、香り、そして社会的な側面を通じて、ストレス緩和に効果的な役割を果たすことができます。

しかし、コーヒーのストレス緩和効果は、カフェインの摂取量によって左右されることがあります。

コーヒーの飲みすぎは不眠につながりストレスをためる要因になる

寝不足で集中できない女性

コーヒーの適量がストレス緩和に役立つ一方で、過剰なカフェイン摂取は不眠を引き起こし、結果的にストレスを増加させる要因となることがあります。
カフェインは中枢神経系の刺激剤であり、適度に摂取すると集中力や覚醒度を高める効果があります。
しかし、この刺激が強すぎると、夜間の睡眠の質を低下させる原因となり得ます。

不眠は、睡眠不足による疲労感の増加、集中力の低下、気分の不安定化など、多くのネガティブな影響を及ぼします。
これらの症状は、日常生活におけるストレスをさらに悪化させる可能性があります。
特に、夜遅い時間にカフェインを含むコーヒーを飲む習慣がある人は、睡眠障害のリスクが高まります。

また、カフェインには依存性があり、定期的に大量に摂取すると、カフェインを摂取しないときに頭痛やイライラといった離脱症状を経験することもあります。
これらの症状は、ストレスをさらに増加させる要因となり得ます。

このように、コーヒーの飲みすぎは、一見するとエネルギーを与えるように思えますが、長期的には不眠やストレスの増加につながる可能性があります。
そのため、コーヒーの摂取量を適切に管理し、特に夕方以降はカフェインの摂取を控えることが、健康的な生活リズムを保つ上で重要です。

カフェインがなければストレス緩和にはもってこい

コーヒーの香りでリラックス

カフェインの摂取がストレスや不眠につながる可能性がある一方で、カフェインがないコーヒー、すなわちデカフェコーヒーは、ストレス緩和に理想的な選択肢となります。
デカフェコーヒーは、カフェインの刺激的な効果を取り除きつつ、コーヒー本来の味わいや香りを楽しむことができるため、リラクゼーションの時間に最適です。

カフェインが原因で生じる不眠や神経の高ぶりといった問題を回避しつつ、コーヒーの持つ心地よい香りや温かみは、心を落ち着かせ、ストレスを和らげる効果があります。
特に、忙しい一日の終わりやリラックスしたい時にデカフェコーヒーを選ぶことは、穏やかな気持ちで一日を終えるのに役立ちます。

また、デカフェコーヒーは、カフェインに敏感な人や、カフェインによる副作用を避けたい人にとっても安心して楽しめる選択肢です。
カフェインの摂取を控えることで、睡眠の質を保ち、翌日の活動に必要なエネルギーと集中力を確保することができます。

デカフェコーヒーを選ぶことは、コーヒーの楽しみを維持しながら、ストレスを効果的に管理する方法として推奨されます。
このように、デカフェコーヒーは、ストレス緩和において重要な役割を果たすことができるのです。

デカフェ、カフェインレスコーヒーを選ばない理由は?

デカフェやカフェインレスコーヒーが健康上の利点を持つことは明らかですが、デカフェは一般的に避けられている傾向にあるようです。
「デカフェコーヒーは美味しくない」「種類が少なく飽きる」と思われているからです。

こういった理由から、デカフェやカフェインレスコーヒーはまだ日本ではそれほど普及していないように思われます。
しかし、こういった理由は実は古い情報で誤りであると私は思っています。

デカフェコーヒーはは美味しくない、味が薄い

コーヒーが美味しくない

「デカフェコーヒーは美味しくない、味が薄い」と思われているのは、大きな誤解の一つです。
確かに以前はそうだったかもしれません。
デカフェコーヒーの品質は大きく向上しているんですよ。
ちゃんとしたデカフェコーヒーを選びさえすれば、通常のコーヒーと比べて遜色ない味わいなのです。

この誤解の一因は、過去のデカフェコーヒーの製造プロセスにあります。
昔はカフェインを除去する過程でコーヒー豆の風味が損なわれることがありました。
しかし、現代のデカフェ化技術は大幅に進歩しており、カフェインを取り除きながらも豆の本来の風味を保持する方法が開発されています。

例えば、水や二酸化炭素を使用する非化学的な方法でカフェインを除去する技術は、コーヒー豆の風味を大きく損なうことなく、カフェインだけを効果的に取り除くことができます。
これにより、デカフェコーヒーでも豊かなアロマと深い味わいを楽しむことが可能なのです。

もう1つ誤解を生んだ一因は、安くておいしくないコーヒー豆を使っていたということ。
デカフェコーヒー豆は、デカフェ化というプロセスが必要ですから、通常のコーヒー豆に比べ費用がかかります。
でも高くして売ると売れません。
だから安い豆を使ってしまうのです。
以前はデカフェコーヒー豆に対する需要がありませんでしたから余計です。
デカフェコーヒーが美味しくない、というのには理由があったのです。

でも今はそうではありません。
良心的なメーカーさんは、高品質なデカフェコーヒー豆を使用して満足のいく味わいを実現しています。
これらのデカフェコーヒーは、通常のコーヒーと同様に、豆の種類や焙煎度によって様々な風味が楽しめます。

このように、現代のデカフェコーヒーは、味が薄いという古いイメージを覆す品質を持っています。
デカフェコーヒーの進化により、カフェインを控えたい人でも、コーヒーの深い味わいと香りを存分に楽しむことができるのです。

デカフェコーヒーは種類が少ない、飽きる

「デカフェコーヒーは種類が少なく、すぐに飽きてしまう」というのも、もはや過去の話です。
現在、デカフェコーヒーの市場は多様化し、豆の種類はもちろん様々なフレーバーやブレンドが提供されています。
この豊富な選択肢により、デカフェコーヒーでも飽きることなく、日々新しい味わいを楽しむことが可能です。

お勧めしたいデカフェコーヒーのご紹介

デカフェ&フレーバーコーヒー 極・馨 -Gokkoh-

ここで、私たちが販売している「極・馨-Gokkoh-」というデカフェ&フレーバーコーヒーをご紹介したいと思います。
一番の特徴は豊かな風味をもったデカフェコーヒーにプラスして、香り素材をミックスさせたフレーバーを提供している点です。
極・馨-Gokkoh-(ごっこう)は、ココア、ヘーゼルナッツ、ブルーベリーといった幅広いフレーバーを取り揃えており、毎日異なる味わいを楽しむことができます。

コーヒー本来の深い味わいと香りを損なうことなく品質を担保したデカフェ豆をベースにしていて、さらにフレーバーによる新しい楽しみを加えています。
例えば、朝は爽やかなブルーベリーで一日をスタートし、夜はリラックス効果のあるヘーゼルナッツフレーバーで一日を締めくくるなど、シーンに合わせて選ぶことができます。

極・馨-Gokkoh-のようなデカフェ&フレーバーコーヒーは、デカフェコーヒーが持つ「種類が少ない」という誤解を払拭し、コーヒー愛好家に新たな選択肢を提供しています。
これにより、カフェインを控えたい人でも、毎日違う味わいを楽しむことができ、コーヒーライフがより豊かになります。

コーヒーは適度に美味しく健康的に楽しみましょう

健康的に楽しみましょう

コーヒーは世界中で愛される飲み物であり、その魅力は計り知れません。
しかし、コーヒーを楽しむ上で、胃痛やストレスといった問題に直面することもあります。
この記事を通じて、コーヒーの楽しみ方を見直し、健康的かつ快適にコーヒーを楽しむ方法を探求してきました。

重要なのは、コーヒーとのバランスを見つけることです。
空腹時のコーヒー摂取を避け、カフェオレのように胃に優しい飲み方を選ぶ、またはカフェインレスのデカフェコーヒーを選択するなど、小さな工夫が大きな違いを生み出します。
特に、私たちの「極・馨-Gokkoh-」のようなデカフェ&フレーバーコーヒーは、健康を気遣いながらも、コーヒーの多様な楽しみ方を提供します。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

コーヒーは単なる飲み物ではなく、私たちの生活に深く根ざした文化です。
それは、朝の目覚めを優しく促す一杯から、友人や家族との貴重な時間を彩る一杯まで、さまざまな瞬間に寄り添います。
適度に、そして意識的にコーヒーを楽しむことで、その健康的な側面を最大限に引き出し、日々の生活に豊かな彩りを加えることができます。

最後に、コーヒーはただ楽しむだけでなく、私たちの健康や幸福にも影響を与えるものです。
適切な選択とバランスを心がけることで、コーヒーは毎日の生活に欠かせない、より豊かな存在となるでしょう。
コーヒーを適度に、美味しく、そして健康的に楽しむことで、日々の生活がより充実したものになります。

こちらの記事もどうぞ

カフェインが原因で胃痛になるからコーヒーが飲めない?コーヒーを美味しく飲む方法は? カフェインが原因で胃痛になるからコーヒーが飲めない?コーヒーを美味しく飲む方法は?
カフェインは肌荒れの原因!注意点からおすすめの飲み方紹介! カフェインは肌荒れの原因!注意点からおすすめの飲み方紹介!
授乳中でもカフェインレスなら何杯まで大丈夫なのでしょう?カフェインをとりすぎるとどんな影響があるのでしょう?
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service