デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>デカフェはコーヒーより体に悪い?品質が重要 体によいデカフェの選び方をカフェイン/デカフェの種類からお伝えします

デカフェはコーヒーより体に悪い?品質が重要 体によいデカフェの選び方をカフェイン/デカフェの種類からお伝えします

デカフェコーヒーは体に悪い?

妊娠をした方は分かると思いますが、カフェインを控えてとお医者様に言われたかと思います。
コーヒー好きの人であれば、スーパーでデカフェコーヒーを売られていているのを目にして買われた方もいらっしゃると思います。

デカフェについてあれこれ調べるのですが、「体に悪い」とも出てきて気になった人もいるのではないでしょうか?
実際に飲んで平気なのか心配な方される方もいらっしゃる事でしょう。

私自身そういう心配をしてあれこれ調べていったものですが、結局満足するものはありませんでした。
だから、安心、リラックスして飲めるデカフェ&フレーバーコーヒー「極・馨 – Gokkoh –(ごっこう)」を私たちの手で作る事になったのです。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

よろしければご覧ください。

あらためて今回は、「デカフェに変える意味やデメリット、安心な選定方法」について、お話していきたいと思います。
デカフェが本当に体に悪いのか、何がからだに悪いのか?
安心な選び方を知る事で、であなたにあった豆を探し出すことができるようになります。
ぜひ最後までお読みください。

デカフェって意味ないの?普通のコーヒーとの違いは?

普通のコーヒーとデカフェ

健康意識が高い人の間では「デカフェ」が流行していますね。
どんな点から重宝されているのか?本当に意味があるのか?そもそもデカフェって何?
ということからお話を進めていきます。

デカフェとはそもそも何なのか。

デカフェはそもそもどんなものでしょうか。

デカフェとは、コーヒー豆からカフェインを除去したものです。
私たちがよく使っているコーヒー豆と比較すると、カフェインが少ないコーヒーのことをいいます。

デカフェとは、英語で「Decaffeinated coffee」といい、デ・カフェイン=カフェインを取り除いた、ということを示しています。

カフェインを除去する方法は、水や有機溶剤など、当商品サイトでも取り上げている通りさまざまな方法があげられます。
また、種類もたくさんあるので、うまく選ぶことができれば、本来のコーヒーよりもおいしいと感じられるものを見つけることも可能です。

味以外でも色んなメリットはあります。
カフェインが除去されるメリットを知っている人々の間で少しずつ広まっている感があります。
私たちが販売しているデカフェ&フレーバーコーヒーの売行きをみても、デカフェを飲む人は増えているだな、という実感はあります。

妊娠出産を経験された方々は特にそうですね。
カフェインを摂取しても問題なくなったけれども、デカフェコーヒーは続けている、という方々です。

デカフェとコーヒーの違い

改めて、デカフェコーヒーとコーヒーとの違いについてみていきたいと思います。
 
大きな違いは、自律神経への影響です。
コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは自律神経へ働きかけるものです。
例えば、コーヒーを飲むと寝れなくなってしまう、といっ睡眠不足や不眠の原因にもなります。
 
デカフェの場合は、カフェインがほとんど含まれていないため、そういった自律神経への影響は少ないです。
カフェインの影響を受けやすい方、避けたい場合はデカフェを飲んだ方がよいかもしれません。

それと、「カフェインレス」や「ノンカフェイン」という言葉もよく耳にしますよね。
これらの違いについてもお伝えします。

「カフェインレスは」は、デカフェと同じく日本国内においては「カフェインを90%以上除去している」ものを指します。
そのため、カフェインレスとデカフェはほとんど同じものとして扱って問題ありません。
 
「ノンカフェイン」は、もともとカフェインが含まれていないものを表すので、カフェインが少し含まれているデカフェとは違います。

デカフェは妊娠中に飲んでいいのか。

こうしてみると、デカフェコーヒーはメリットがたくさんありそうだなと思いませんか?
実際、デカフェコーヒーは、コーヒーより飲んでも問題ないとされています。

でも本当にそうなのでしょうか?
デカフェコーヒーは、普通のコーヒーに比べ体への影響が少ないといえるのでしょうか?

まずカフェインについての他にどのような影響があるか、お伝えします。

カフェインには血管を収縮させる働きがあります。
カフェインを摂取して血管が収縮されると、十分な酸素や栄養素が末端までいきわたらなくなります。
すると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼし、張りや早産、最悪の場合は流産の可能性が高まります。

他にも、カフェインにはカルシウムを排出してしまう働きがあります。
ですから、お腹の赤ちゃんにカルシウムがいきわたらず、十分な栄養を摂取させることができなくなります。
 
お医者さんに妊娠中のカフェイン摂取を控えるようにいわれるのは、このようなカフェインがもつデメリットが多く存在するためです。

デカフェのほうが妊娠中に適している、というのはその通りなのです。
 
しかし、デカフェコーヒーにデメリットは無いのでしょうか?

デカフェのデメリットは?体に悪いの?

デカフェコーヒー

結論からいうと、「デカフェそのものは体に悪いことは一切ありません」

しかしながら、品質の悪い製品を選んでしまうと製造工程で化学薬品やカビ毒などが含まれてしまうことがあります。

このような悪質な製品に含まれているリスクについてご紹介していきます。

カビ毒が含まれている可能性がある

カビ毒ってご存知でしょうか?
カビ毒は、胃を悪くしたり集中力を低めるなどの症状を引きおこす原因になりえます。

実は、カフェインには、このカビ毒からコーヒー豆を守る作用があります。

カフェインが除去されて、カフェイン含有量が少ないデカフェコーヒーの生豆は、通常のコーヒー豆よりもカビの発生率が高いと言われています。

ただ、オクラトキシンというカビ毒はデカフェ処理で約90%減少するという報告もございます。
既にカビ毒に汚染されたコーヒー豆につきましては、デカフェ処理直後の方が安全性が高いとも言えます。
食品安全に関するリスクプロファイルシート(オクラトキシンA):農林水産省_平成21年3月10日

なお、私たちが扱っているデカフェ&フレーバーコーヒー 極・馨-Gokkoh-(ごっこう)の場合は、焙煎士さんがコーヒー豆を焙煎する前にハンドピックと呼ばれる作業をしています。
ハンドピックというのは、欠点豆を取り除く作業で根気が要ります。
でもそこまでするから、カビ毒が含まれるコーヒー豆を取り除けて安心してお届けできるのです。

カフェインを気にせずリラックスしてほしいから99.9%カフェイン除去

よろしければぜひ一度ご覧ください。

デカフェを外国で購入する時は注意!

外国製のデカフェコーヒーには、有害薬品や物質が含まれている可能性があるので注意が必要です。

例えば、外国製のデカフェには、ジクロロメタンという化学薬品が使われている可能性があります。
この薬品は金属機械の油脂を洗うために使われることが多くあり、海外では合法の化学薬品ですが、少し危険です。
 
なお、日本ではこの化学薬品を使ってデカフェコーヒー豆を作る事は禁止されていますので、ご安心ください。
ですが、海外に旅行した時にデカフェコーヒー豆を買う、という事をご注意いただく必要はあります。

デカフェが体に悪いのは

上でも結論は出ていますが、改めてまとめます。
1つめは、デカフェ豆にカビが発生して毒をもつようになったもの。
でもハンドピックで丁寧に取り除けば問題なし。
ハンドピックは手間がかかりますから、安すぎて品質に問題がありそうなデカフェ豆には気を付けましょう。

2つめは、「有機溶媒」つまり有害な薬品や物質を使ってカフェインを抽出したもの。
外国製はわかりませんが、日本国内で製造したものであれば、法律で利用が禁止されていますからご安心ください。

この2つさえ気にしておけば、デカフェが体に悪い、という事は考えなくてよいです。

デカフェの選び方!

デカフェコーヒー豆

ここまで、質の悪いデカフェコーヒー豆を選んでしまうことのデメリットについてお話しました。
カビ毒が含まれていたり、デカフェ処理に薬剤を使った外国製のものに気をつけましょう、と言った内容です。

では、どのように選べばこのような質の悪い製品を避けることができるのか。
「デカフェの選定方法」についてお話していきます。
私たちがデカフェ&フレーバーコーヒー 極・馨 -Gokkoh-(ごっこう) を作るにあたり、知り得た事をまとめてました。

薬品が怖いなら抽出方法で選ぼう

抽出方法から選ぶという手があります。
抽出方法には、有機溶媒抽出(日本では既に述べた通り発売禁止)、水抽出、超臨界二酸化炭素抽出の3つが主にあげられます。

味や品質にこだわるのであれば、超臨界二酸化炭素抽出がおすすめです。
この方法は、二酸化炭素を加熱加圧をした状態で生のコーヒー豆を浸すことで、カフェインだけを抽出するという方法です。
薬品を使わず、発がん性もないため、安心して飲むことができます。
また、デカフェを愛用している人の中で、一番おいしい抽出方法だとされているほど、味がおいしいです。
カフェインだけを抽出できるからです。

但し、普通のコーヒー豆に比べデカフェ処理を加えている分、どうしても値段は高くなります。
また、大掛かりな装置が必要で、製法もまだ比較的新しいため、コストは多くかかります。

次にオススメしたいのは、水抽出です。
薬品を使わず、水でカフェインを抽出する方法です。
コーヒーの味がしっかりしている印象があり、比較的昔に確立された方法ですから値段も比較的安いです。

最後の有機溶媒抽出は、薬品を使う方法ですが、発がん性が上がるので日本では使われていない方法です。
日本で買う場合は気にしなくてよいですが、一部の海外では行われている方法なので、外国でデカフェコーヒーを買う場合は注意しましょう。

タイプと焙煎度から選ぶとおいしい

デカフェのおいしさを求めるなら、タイプと焙煎度から選ぶと良いです。
タイプとは、豆かコーヒー粉か、という事。
焙煎度とは、深煎か浅煎りか、と言った違いです。

コーヒー粉の状態で売られているものは、コーヒーの味落ちに影響があるとされる空気(酸素)、これに触れることが多いので買ったらすぐ飲む事をおすすめします。
空気に触れないよう加工された、1杯飲み切りタイプのドリップバッグもおすすめです。

デカフェコーヒーとして美味しくいただけるよう、挽き方もメーカーさんで考えられているので、私たちデカフェコーヒーを飲む側からするとありがたいものです。

一方、コーヒー豆は細かく砕かれる前なので空気に触れる部分も少なく、劣化の速度も穏やかなのがメリットです。
ただし豆を自分で挽く必要がありますから若干面倒に思われるかもしれません。
ちなみにデカフェ豆であれば、中~細挽きで豆を挽かれると良いでしょう。
デカフェコーヒー豆はもの足りない味、と言われがちですから、細かく挽く事で味が出やすくなるのです。

次に焙煎具合ですが。
コーヒーは深く煎ると苦味とコクが増していきます。
デカフェコーヒーの場合、カフェインを除去する際に味がどうしても抜け落ちる傾向にありますから、細引きタイプで深煎りのものがおいしさを考慮したものであると思って良いと思います。

豆の産地で選ぶとより自分に合ったものに出会える!

デカフェのタイプと焙煎度以外にこだわると良いのは、豆の産地です。
豆の産地が違うだけで味わいはかなり変わります。

中南米産の場合、酸味と苦味のバランスが良いものが多いと言われています。
デカフェコーヒーにしたときの相性も良いです。
バランスの良い飲み口なので、ブラックコーヒーとして飲まれても良いと思います。
もちろん牛乳や砂糖をいれても美味しいです。

アフリカ産の場合、フルーツの風味があり、ジューシーさを感じられるものがあります。
酸味を感じたい方や、よりすっきりした味わいを求めている方におすすめです。

アジア産は、苦味が強いです。
牛乳や砂糖をいれて飲みたいと思っている人におすすめです。
また、パナマやハワイコナなどの高級な豆もカフェインを除去した状態で売られていることもあるので、贅沢をしたい方はぜひ購入してみてください。

私たちがオススメしたいデカフェコーヒーは極・馨 -Gokkoh-(ごっこう)

デカフェ&フレーバーコーヒー極・馨-Gokkoh-(ごっこう)

ここまで、デカフェコーヒーの選び方についてお話をしてきました。
私たちが作ったデカフェ&フレーバーコーヒー 極・馨 -Gokkoh-(ごっこう) を作るにあたり、知り得た事をまとめた形でお伝えしました。

つまり、当社で扱っている極・馨 -Gokkoh-(ごっこう)はここまで書いた事を全て考えたうえで出来た製品という事ができます。
私たちもこれを誇りに思っております。

以下、4つありますがこれでまとめてみました。

カビ対策としてハンドピックをしている
水抽出(スイスウォーター法)を使ったデカフェ豆を使っていて、味もコストのバランスが良い
安心・安全へのこだわり”>細挽き、中~深煎りでしっかりと味を出している
ブラジル豆を使い、酸味と苦みのバランスがよく、ブラックでも美味しく、かつカフェオレにしても美味しい

これらの条件を全て満たしたデカフェコーヒーなのです。

特におすすめしたい点がマタニティフード対象商品に認定されている、という点です。

妊活中、妊娠中、授乳中でも安心して飲むことができます。
しかも、カフェインの含有率が0.1%となっており、デカフェの中でもかなり安心安全なものとなっています。
マタニティ期を迎えている皆さんはぜひ試してみて下さい!

また、極・馨 -Gokkoh-(ごっこう)は、コーヒー好きのみなさんにもおすすめです。
水抽出によって普通のコーヒーと変わらない味になっており、安全かつおいしく飲むことが可能です。
細挽なので、コクのある味わいにもなっています。

もう1つ特筆したい点は。
妊娠した方の10人に1人は罹ると言われている、妊娠糖尿病の人向けに、香りで甘さを感じれるように、と「フレーバーコーヒー」にした商品も提供させていただいた、という点です。
香りに敏感になっている妊婦さんにも配慮し、香料は控えめに、その代わり香り素材、例えば本物のココアパウダーをミックスするといった、本物志向のフレーバーコーヒーに作らせて頂きました。

私たちは自信をもっておすすめしたいのですが、どんな味わいがするのかわからないから不安であることも間違いございません。

そこで、5種フレーバー&ノーマルお試しセットという商品をご用意させて頂きました。
まずはこちらからお試しください。

6種類から、お気に入りのデカフェ&フレーバーコーヒーを見つけて頂けたら幸いです。

デカフェだったら妊娠中でも安心安全

デカフェだったら妊娠中でも安心安全

デカフェコーヒーはカフェインのあるコーヒーと違い、自律神経への影響が少ないです。
妊娠中に飲むこともできますし、もちろん誰にとっても飲むことができる優れたものだと思っています。

しかし、カビ毒が含まれている可能性があったり、外国で購入する時は注意が必要であったり、そもそももの足りない味、というようにおいしくない、といったものもあります。

そんな中で、豆や粉といったタイプ、焙煎度合、産地、といった違いでご自分にあったデカフェコーヒーを見つけることができるようになったかと思います。

妊娠中は飲み物の種類が制限されますが、デカフェコーヒーの選び方を知る事が出来て、少しでも好みのものを見つけるきっかけになれば幸いです。

こちらの記事もどうぞ

妊婦さんは1日何杯までコーヒーを飲めるの?デカフェは大丈夫?
デカフェコーヒーは必要?体に悪い?不味い?選び方は?妊娠中は大丈夫?
妊婦さんのことを考えたから、素材を大事にしたフレーバーコーヒーになりました
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service