デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>妊娠中や授乳期にオススメ!安全で美味しいデカフェフレーバーのご紹介

妊娠中や授乳期にオススメ!安全で美味しいデカフェフレーバーのご紹介

妊娠中や授乳期にオススメ

妊娠中や授乳期のママにとって、デカフェはありがたい存在ですね。
でも、美味しくない、味が物足りない。そんな風に感じたことはありませんか?
デカフェが美味しくないと思われている理由や、安全で美味しいデカフェとはどういうものか。
極馨を開発したママさんが調べてわかったことを、納得いただけるようご紹介します。
また、フレーバー別にオススメの美味しい飲み方をご紹介いたします。

そもそもデカフェ(ディカフェ)って何?

デカフェと味の関係を知るには、まずはそもそもデカフェとについて知る必要があります。
なので、美味しさについて語る前にちょっとだけ回り道させてください。

デカフェとは

デカフェとは、”decaffeinated” (カフェインを除去した)という英語に由来して、略した”decaf” がその語源です。
カフェインを減らした、という事なので、カフェインレスとも呼ばれています。
もともとカフェインが含まれている原料に対して言う言葉で、その代表はコーヒーです。

では、どれだけカフェインを除去したコーヒーをデカフェと呼んでいるのでしょうか?
EUでは、
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/GA/TXT/?uri=CELEX:31999L0004
the labelling must include the term ‘decaffeinated` in the case of the products defined in point 1 of the Annex, provided that the anhydrous caffeine content does not exceed 0,3 % by weight of the coffee-based dry matter.
こちらに記載があるようにコーヒー豆の重量に対し0.3%を超えない場合にのみ”decaffeinated”とラベルに記載できる、という決まりがあります。

カフェインレスコーヒーとの違いは?

実はデカフェとカフェインレスコーヒー、どちらもカフェインを取り除いた、という意味では同じです。

ただ、日本ではカフェインを90%以上除去したコーヒーをカフェインレスコーヒーと呼ぶように決められています。
https://www.jfftc.org/rule_kiyaku/pdf_kiyaku_hyouji/coffee_beverage.pdf

一方、上でも書いた通りEUではデカフェについて、カフェイン量はコーヒー豆の重量に対し0.3%以下であること、と定められています。
国や地域によって定義がまちまちなのが、デカフェやカフェインレスコーヒーという呼び方についてすっきりしないまま浸透した理由のようです。

少なくとも、カフェインレス、デカフェ、いずれもカフェインがゼロではないんだ、という事は知っておいた方がよいでしょう。

カフェインの味と美味しさの関係

デカフェから取り除かれたカフェインの味ですが。
カフェイン粉末は「苦み」「渋み」があるそうなので、デカフェはその分苦みや渋みが抜けるんだな、というのは想像できます。
でもコーヒーそのものには他にもいろんな成分を含んでいますし、豆そのものが焙煎されることによって苦みや香りを伴いますから、単純にカフェインの味が抜けたから、という事ではなさそうです。
何か別の要因によって、コーヒー全体の味を損なわれているのだと考えたほうがよいでしょう。

デカフェの製法による味の違い

次に知る必要があるのは、どのようにしてカフェインを除去するのか。
カフェインを除去するときに、他の成分を取り除いてしまっていないか、そこに着目してみましょう。
ここでは、市場で出回っているデカフェの、代表的なカフェイン除去方法についてご紹介したいと思います。

スイスウォーター法

一言でいうと、水でコーヒー成分を出してカフェインを取り除いた抽出液を戻す方法です。

順を追って説明しますね。

  1. コーヒーの生豆を水に浸ける事で、水にいろんな成分が溶け出します。その中にはカフェインも含まれます。
  2. 溶け出したコーヒーエキスを「カーボンフィルター」といったカフェインのみをとらえるフィルターを通過させます。
  3. カフェインが除去されたコーヒーエキスを、先ほど抽出したコーヒー生豆に戻します。

この方法は1941年にスイスで開発された抽出法で歴史があります。
なので、大抵のデカフェと呼ばれているコーヒーはスイスウォーター法を使われています。

最後のコーヒーエキスを生豆に戻す、というところがちょっと気になるところですが、基本的にはコーヒーの味は保たれるそうです。

超臨界二酸化炭素抽出法

ちょっと小難しい言葉に見えますが。簡単に言うと、二酸化炭素でカフェイン「だけ」を取り出す方法です。

もう少し詳しく説明します。

二酸化炭素は、私たち生物が呼吸をして体内で生成された成分の一つで、無害な気体です。
この二酸化炭素を高温高圧の状態にすることで、「超臨界」という気体と液体ともつかない状態になります。
そこにコーヒーの生豆に通すことで、コーヒー生豆中にあるカフェインと二酸化炭素がくっついて生豆の外に取り出せるのです。
このように、カフェインだけ取り除かれたコーヒー生豆が出来上がります。

この方法は、1974年に開発された比較的新しい方法です。
高温高圧の状態にする必要もありますから、コストもかかります。
しかし、カフェイン以外の成分が外に出る事がありませんから、カフェインの味以外の違いはなく、現状一番味が良いと呼ばれている方法なのです。

製法で、どれだけ味に違いがでるのだろう?

どちらも、カフェイン以外を元の生豆に入った状態にする、という点では同じです。
しかし、スイスウォーター法は、抽出液を戻すという点で100%確実に戻せるのだろうか、という疑問が残ります。
でも、現状はしっかりとした味は担保できているそうなので、あまり気にする事はないだろう、という見解なのだそうです。

しかし待ってください。
一度抽出して、フィルターに通して、そしてまた生豆に戻す、というのは手間がかかりますよね。
手間がかかるという事は、その分どうしてもコストがかかるという事です。

でもコストはかからないに越したことは無い。
コストを抑えるために、コーヒーエキスを戻す手間を簡略化する業者が出てきたのです。
これはもはやスイスウォーター法ではありませんね。
ここでは、「スイスウォーターもどき」と呼ぶようにしましょう。

味の違いと値段は関係していた!

デカフェというのはカフェインを除去する、というひと手間が入りますから、本来は高価な商品なのです。

スイスウォーター法でコーヒーエキスを戻す手間を簡略化した、「スイスウォーターもどき」であれば、当然ですがコーヒー本来の味は損なわれます。
しかし、値段が安いから、という理由で味の足りないデカフェが出回ってしまったのです。

結果、デカフェ=美味しくないという構造が生まれてしまったのです。

特にスイスウォーター法は歴史があり広く知られた手法ですから、そこから派生した「スイスウォーターもどき」が生み出した、デカフェ=美味しくない、という構図が世の中に広まるには十分な時間でした。

味とデカフェ方法についてのまとめ

デカフェ処理前のコーヒーに比べて、カフェイン以外のコーヒー成分に違いがない順にならべると、このようになる事がわかりました。

  1. 超臨界二酸化炭素抽出法
  2. スイスウォーター法
  3. スイスウォーターもどき

デカフェで安いコーヒーの場合は、上の3.スイスウォーターもどきと思ってまず間違いないでしょう。

美味しいデカフェとは?

ここで改めて美味しいデカフェについてお話したいと思います。
上で書いた通り、カフェインの除去方法のうち、「スイスウォーターもどき」は安かろう悪かろう、という事はわかりました。

それ以外に、味の良し悪しを決める要素についてご紹介いたします。
ここでは、話を分かりやすくするために、当社のデカフェ「極・馨 – Gokkoh –」が採用している、超臨界二酸化炭素抽出法でデカフェ処理されたコーヒー豆を前提にお話しします。

カフェイン含有率が安全性のポイント

超臨界二酸化炭素抽出法でデカフェ処理をしたときに、味に違いはないわけですから。
どれだけカフェインを除去できたか、がポイントになります。

目安は、カフェイン含有量です。
「カフェイン含有量」とは、コーヒー豆全体の重量のうち、カフェインが占める重量を割合で示したものです。
EC基準は、0.3%以下。
スイスウォーター法でよくあるのは0.1%
極・馨 – Gokkoh – は 0.049%

このようにカフェイン含有率が少なければ少ないほど、カフェイン摂取量は減りますから安全だ、といえます。
カフェインの事を気にされている妊婦さんであれば、このカフェイン含有率がしっかりと提示されているデカフェをお求め頂いた方が安心です。

コーヒー豆の産地・種類

どの産地が美味しいという話ではなく、好みの問題となりますので、ここは皆さんのお好みで選んでいただければ大丈夫だと思います。

ちなみに「極・馨 – Gokkoh -」では、バランスが取れたブラジル豆を使っています。
極・馨 – Gokkoh – の大きな特徴の一つ、フレーバー素材をミックスしている、ということに関係しています。
この話についてはフレーバーコーヒー”でお伝えしておりますので、 ご興味ある方は御覧ください。

焙煎士の腕

デカフェ処理された生豆と普通の生豆

デカフェ処理された生豆と普通の生豆

デカフェ処理された生豆は、通常のコーヒー生豆と異なり、若干赤茶けた色と少し硬い感じをしています。
これは超臨界二酸化炭素法で高温高圧の環境におかれたことが影響していると思います。

このコーヒー豆を、普通のコーヒー豆と同じやり方で焙煎をしても、実はそれほど膨らまないのです。
「極・馨 – Gokkoh -」の焙煎士さんはそのあたりを心得ていて、火力を最初と途中で分けてふっくら仕上がるようにしています。
これがデカフェの味わいを引き出す大きなポイントなのです。

美味しさについてのまとめ

他にも「挽く」「ドリップする」「味付けする」といった普通のコーヒーと同じ手順を踏んでデカフェの味は決まってきます。

基本的にはコーヒーの味の決め方と同じなのですが、デカフェの場合はカフェインを除去する、という工程が増える事で味の要素がさらに複雑になります。

このデカフェ豆固有の特徴を踏まえたうえで、デカフェ豆の特性を知り尽くした焙煎士と、そうでない人とでは出来上がる味は全然違います。

「極・馨 – Gokkoh -」の場合はさらに、フレーバー素材をミックスしていますので、フレーバー素材の味も加わります。
これらフレーバー素材を絶妙なバランスでミックスする技術が、他には無い複雑で奥行きのある、美味しさのポイントです。

極・馨 – Gokkoh – のフレーバー別美味しい飲み方

ここからは、当社で扱っているデカフェ フレーバーコーヒー「極・馨 – Gokkoh – 」の、フレーバー別オススメ美味しい飲み方をご紹介いたします。
本物のフレーバー素材をミックスしたデカフェフレーバーコーヒーというジャンルは、日本ではまだまだ馴染みはございませんが、とっても美味しいコーヒーです。
ただ珍しいだけではない、妊婦さんの事を考えているからできた、体の事にも気を遣った美味しいデカフェです。
ぜひお手に取ってご賞味ください。

ストレートに美味しい黒豆

デカフェ ーコーヒー 黒豆ミックス(200g レギュラー)

デカフェ コーヒー 黒豆ミックス(200g レギュラー)

北海道産黒豆を、コーヒー同様焙煎して、デカフェとミックスしたコーヒーです。
黒豆コーヒーとも呼ばれていますが、デカフェ豆を使っている点が他にない大きな特徴です。
黒豆がもつ健康成分を摂ることができるので、健康志向の方には特におすすめです。
他にも、スッキリかつ味わい深いコーヒーが好きな方など。
多くの方にがご満足いただけるデカフェコーヒーに仕上がっています。

そのままストレートでお召し上がり頂いても十分美味しいですが、さらにオススメしたい飲み方は、コールドブリュー(水出しコーヒー)です。
こちらにコールドブリュー(水出しコーヒー)の作り方をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

ソイラテが美味しいココア

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

デカフェ フレーバーコーヒー ココア(200g レギュラー)

オランダ産ピュアココアがミックスされたデカフェです。
ココアのほろ苦さ、ココアの甘さを香りで楽しみたい。
そんな方にオススメの逸品ですが、こちらはソイラテ(豆乳)として飲むと本当に美味しいです。

たっぷりミルクとヘーゼルナッツ

デカフェ フレーバーコーヒー ヘーゼルナッツ(200g レギュラー)

デカフェ フレーバーコーヒー ヘーゼルナッツミックス(200g レギュラー)

ヘーゼルナッツのふくよかな香りは、温かいミルクでカフェラテにすると美味しさ倍増!
ヘーゼルナッツを焙煎したものがミックスされていますので、ヘーゼルナッツに含まれる豊かな栄養を一緒に摂りたい、というかたにも最適です。

pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

© 2021 極・馨-Gokkoh-