デカフェ フレーバーコーヒー 極・馨 - Gokkoh - ホーム>>ブログ>>アイスコーヒーを美味しく作るポイントは「氷とコーヒー粉の分量」 急冷法でまとめて作る方法をご紹介!

アイスコーヒーを美味しく作るポイントは「氷とコーヒー粉の分量」 急冷法でまとめて作る方法をご紹介!

急冷法で作ったアイスコーヒー

暑い夏はヒンヤリアイスコーヒーを美味しく飲みたいですね。
今回は、ドリップのタイミングで氷で冷やしてしまう、急冷法という方法で淹れるアイスコーヒーの作り方をご紹介します。
手早くまとまった量を美味しく作れちゃう、オススメの方法です。

でも、アイスコーヒーは味が薄くなるし、濃く淹れようと思うけど分量が分からない、というように慣れないと難しく感じます。

そこで、アイスコーヒーを美味しく作るポイントである、「氷とコーヒー粉の分量」をお伝えします。
ぜひお試しください!

アイスコーヒーを4杯分作るために必要な分量

なにはともあれ、最初は準備が肝心。
アイスコーヒー4杯分を作るのに必要な量をご紹介します。

メリタ式ドリッパーセット1~4人用

メリタ式ドリッパーは小さな一つ穴が目印です

極・馨 -Gokkoh-(ごっこう)ショップでオススメしているドリッパーは、メリタ式です。
安定した味で抽出できますから、あまりあれこれ考えなくても美味しいコーヒーが出来るというのがポイントです。
メリタ式ドリッパーは小さな一つ穴が目印です。

コーヒー粉4人分

メリタ式ドリッパーであれば、付属の円錐形の計量スプーンがあると思います。
それを使ってすり切り4杯分、ドリッパーに入れて下さい。

コーヒー粉を4杯分セットします

後でご紹介しますが、今回使ったコーヒーはアーモンドフレーバーです。
小さくアーモンドを砕いたものが見えるのが分かると思います。
アーモンドにした理由は後ほどお伝えしますね。

レギュラーコーヒーはこちらからお買い求めいただけます(^^♪

お湯300cc(2杯分)

お湯を2杯分

トータル4杯分のアイスコーヒーですが、お湯は半分の2杯分にしてください。
通常の倍くらい濃いコーヒーを目指します。
濃くなったコーヒーは氷で薄めます。

氷300g

氷は目分量でも大丈夫ですが、お湯と同じくらいの量を用意します。

アイスコーヒーの作り方

準備ができましたら、早速アイスコーヒー作りに取り掛かりましょう。

氷をサーバーに大量に敷き詰めます

氷をサーバーにセット

氷はサーバーの中にあらかじめ敷き詰めて起きて、上から抽出された熱いコーヒーを氷で受け止めて、すぐに冷えるようにします。

いつものように蒸らしてドリップします

蒸らし

ドリッパーをセットし、コーヒー粉を4杯分セットしたら、先ずは蒸らします。
いつもと変わらない手順で20秒~40秒かけて蒸らします。
お湯の量は、サーバーに数滴コーヒー抽出液が滴るくらいが適量です。

蒸らしを終えたら、どんどんお湯を注いでいきます。
メリタ式なので注ぐお湯の量なんて気にせず、測っておいた分量だけジャンジャン注いでいきましょう。

どんどん氷が解けていきます

上の写真では曇って見えづらいかもしれませんが。
サーバーに敷き詰めておいた氷が、上から熱いコーヒーが注がれるたびにどんどん解けていきます。

氷が少し残るくらいでドリップを終えたら完璧

ドリップが終わった時点で少し氷が残っているくらいがベスト

ドリップが終わりました。
少し氷が残っていますね。これくらいがコーヒーも冷え切って飲み頃の状態です。
全部氷が解けてると、まだ生ぬるかったりするので、氷は多めが良いです。

お好みでアイスカフェオレはいかが?

出来上がったコーヒーを、早速コーヒーカップに注いできました。

フレーバーコーヒーとミルクの相性はバツグン

アイスカフェオレ

手前はミルクとアイスコーヒーを1:1で合わせたカフェオレ。
奥はブラックです。

ミルクは元々冷蔵庫で保存していると思いますから、アイスコーヒーにそのままミルクを注げば、美味しいアイスカフェオレの出来上がりです。

アーモンドフレーバーは特にオススメ

デカフェ&フレーバーコーヒー アーモンド

冒頭でも書いておりますが、今回はアーモンドフレーバーを使いました。

その理由は、アーモンドフレーバーはミルクとの相性がバツグンだからです。
アーモンドのまろやかな味と香りがミルクに本当によく合うのです。
また、アイスコーヒーは氷で味を薄めて丁度良い濃さにしていますが、元々が濃く調整していますから、人によっては刺激が強いと感じてしまいます。
そういうときにもミルクを加えることで、刺激はなくなり、まろやかな味わいになるのです。

また、極・馨 -Gokkoh- (ごっこう)は カフェインを 99.9%以上除去した本格デカフェコーヒーですから、小さなお子様が飲んでもカフェイン中毒といった問題にはなりません。
多くのお母さんたちによろこばれています。

暑い夏だからこそ、デカフェで美味しくカフェタイム

暑い夏はついついアイスクリームや清涼飲料水などを摂りがちになりますね。
通常のコーヒーだと、カフェインが及ぼす利尿作用での脱水を気にする方もいます。実際には飲まないよりは飲んだ方が水分補給になります。

とはいえ気になるようであれば、デカフェで美味しくアイスコーヒーにすれば安心ですね。

そんなデカフェコーヒーをアイスコーヒーにして楽しむために、必要な分量、特にコーヒー豆とお湯、氷について今回書かせて頂きました。
美味しいアイスコーヒーをぜひみなさん美味しく召し上がってください!

こちらの記事もどうぞ

簡単に作れるコールドブリューが本当に美味しくオススメ 簡単に作れるコールドブリューが本当に美味しくオススメ
【ミルクブリュー】牛乳パックで作る簡単&清潔な牛乳コーヒー 【ミルクブリュー】牛乳パックで作る簡単&清潔で美味しい牛乳コーヒーの作り方
氷コーヒーで作る、アイスカフェオレのご紹介 氷コーヒーで作る、アイスカフェオレのご紹介
pageTop

© Copyright 極・馨-Gokkoh- RelatyLS All rights reserved

Presented by EN-PC Service

© 2021 極・馨-Gokkoh-

Presented by EN-PC Service