健康へのこだわり


カフェインを摂る事で眠れなくなる。
お腹にお子さんがいらっしゃる、授乳期のお子さんがいらっしゃる。
コーヒーは好きなのに、飲むことが出来ない。

そんな悩みをもつ方々にとって満足するものは何か。
それを追求してできたのが、この「極・馨-Gokkoh-」です。

デカフェコーヒー

カフェインを摂る事で起きる、これらの問題。
だから、私たちはデカフェコーヒー豆を使う事を選択しました。
デカフェコーヒーについては、ヨーロッパにおいては明確な基準があり、カフェイン含量がコーヒー豆中の0.2%以下のものと明確に定められています。
「極・馨-Gokkoh-」で使われているデカフェコーヒー豆は、このヨーロッパの基準を満たし、かつ他では値段が高すぎて扱う事があまりない、高品質の0.1%未満の豆のみを使用しています。

次に求めたのは、安全性。
カフェインの除去方法を調べていくうちに、いくつかの事実を知る事が出来ました。
カフェインは、生豆の段階で除去するのですが、実はいくつかの方法がありす。
それにより味も安全性も違ってきます。

有機溶剤を使って抽出する方法
昔から存在する方法です。しかしながら、危険性があるため日本では販売が禁止されています。
水で抽出する方法
一度豆を水に浸して出来た水溶液からカフェインを除去して、再び生豆に漬けて味や香りといった成分を戻す、という方法です。

スイスウォータープロセス、という方法を使って販売されているデカフェが日本では一般的です。
水(熱湯)だけを使っているから安全と言われていますが、全ての成分が戻るわけではありませんからコーヒー本来の味は薄くなります。

また、カフェインの除去率はそれほど高くはないです。含有率は2~3%ほどとなります。
これより含有率を下げるためには、このプロセスを何度も繰り返す必要がありますが、その分コーヒー本来の味も薄れてきます。

デカフェは美味しくない、物足りない、と言われているのはこのためです。
超臨界二酸化炭素抽出法
二酸化炭素を「超臨界流体」の状態にして、カフェインを抽出する方法です。二酸化炭素を使い生豆から直接カフェインだけ抽出しています。

二酸化炭素は私たちが生活している空気中に存在していて、私たち自身が呼吸時に吐き出している成分ですから、スイスウォータープロセスの水同様に安全なものです。

一番の特徴は、カフェイン以外の成分はそのままコーヒー豆に残った状態で、カフェインだけを除去できるという点です。だから、コーヒー本来の味が薄くなる、という事は殆どありません。

しかも高い除去率でカフェインだけ取り除く事が出来るできるため、手間やコストはかかりますが現在出来得る最高の方法と言われています。

極・馨-Gokkoh-が採用したコーヒー豆

証明書

証明書

極・馨-Gokkoh-が採用したコーヒー豆は、「超臨界二酸化炭素抽出法」でカフェインを除去したものです。
安心、安全にこだわれば当然の選択肢ですし、何より美味しい!

この方法で抽出した豆は、コーヒー本来の味わいがしっかり残ります。
コーヒー本来の味わいがしっかり残る方法なので、普通のコーヒーと遜色のない味をお愉しみいただけます。
実際に飲み比べても、普通のコーヒーとの違いが分からないくらいです。
某有名コーヒー店でも使われいるくらい品質の良いものです。

次の証明書は、「CO2-decaffeinated」(超臨界二酸化炭素抽出法)で抽出し、「Residual caffeine content」(カフェイン含量)が0.049%であることを示しています。この数字は、ヨーロッパ基準である0.2%を大幅にクリアしていますから、本当に安心なもの、と言えます!

こちらが「超臨界二酸化炭素抽出法」でカフェインを除去したコーヒー豆を焙煎して作り上げた完成品「デカフェノーマル」。
豆本来の味を楽しみたい方にオススメの逸品です。

健康であるために香りにこだわる

フレーバーコーヒーを選ぶ理由の一つに、砂糖を摂る事が出来ない、があります。
だから、極・馨-Gokkoh-では甘さを香りで表現するために、ココアを選びました。

こちらが「甘い香り」を引きたてるココアを使って出来た完成品「デカフェ フレーバーコーヒー ココア」。
砂糖を使う事なく、香りによる甘味を楽しみたい方にオススメの逸品です。
オランダ産のココアパウダーを使っていますから、味も保証できます!
砂糖を使う事なく、香りによる甘味を楽しみたい方にオススメの逸品です。

香料を使うだけではなく、本物の素材を使う事を私たちは選択をしました。

本物の素材を使うから、ヘーゼルナッツの香ばしさだけでなく、美味しさとヘーゼルナッツの成分も同時に楽しむ事が出来ます。

本物の素材を使うから、黒豆の香ばしさだけでなく、黒豆のうま味も味わうことが出来ます。
黒豆コーヒーから、カフェインを取り除いた、そんな逸品です。

ママが自分の赤ちゃんの健康を考えたから出来たデカフェ フレーバーコーヒー。
だからすべての人にとっても安心安全である、と自信をもって言えるものになりました。
それが極・馨-Gokkoh-なのです。

装飾 装飾